オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
マークレビンソンは最新プリメイン「No585」を展示

<ポタフェス>パイオニア、ポタアン「XPA-700」をデモ/オーディオテクニカ、‘14年の秋の新製品を一斉展示

ファイル・ウェブ編集部
2014年12月21日
ヘッドホンを始めとしたポータブルオーディオ関連の各社が集うイベント「ポータブルオーディオフェスティバル2014(ポタフェス)」が開幕した。本稿で地下一階にブースを構えたパイオニア、ティアック、オーディオテクニカ、ハーマンインターナショナル、KEF、KORGをレポートする。

■パイオニア

地下1階のパイオニア・ブースは、主にヘッドホンアンプを展示。音質や本体パーツなどをカスタマイズできるポータブルヘッドホンアンプ「XPA-700」(関連ニュース)が展示のメインに据えられていた。

「XPA-700」

また、据え置きタイプのUSB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ「U-05」(関連ニュース)、ネットワークプレーヤーの最新モデル「N-70A」(関連ニュース)のデモも実施。様々なヘッドホンと組み合わせての試聴が可能となっていた。

「U-05」

「N-70A」

■オーディオテクニカ

オーディオテクニカのは、2014年秋の新製品を一斉に出展。ハイレゾ対応ポータブルヘッドホン「ATH-MSR7」(開発者インタビュー)や、ESS製DACを採用したUSB-DAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ「AT-PHA100」、フルデジタルUSBヘッドホン「ATH-DN1000USB」など、最新モデルを試聴することができた。

「ATH-MSR7」と「AT-PHA100」

「ATH-W1000Z」


「ATH-DN1000USB」

ATH-WS99BTなどSOLID BASSシリーズの最新モデル

また、2014年はオーディオテクニカがヘッドホンを手がけ始めて40周年にあたろうということで、同社の過去の名機も展示されていた。。

ヘッドホン40周年を記念して往年の名機も展示された

■ティアック

ティアックのブースでは、プレーヤー機能を備えたDSD対応ポータブルヘッドホンアンプ「HA-P90SD」が登場。DSDネイティブ再生への対応に加えて、SDカードスロット経由で音楽ファイルを直接再生することも可能だ。DAC内蔵ヘッドホンアンプ「HA-P50」を試聴することもできた。

「HA-P90SD」と「HA-P50」

「HA-P90SD」とサードパーティー製の専用ケース

USB-DAC「UD-501」などTEACブランドの据え置きコンポーネントも展示。また、beyerdynamic最新の最上位ヘッドホンアンプ「A2」のデモも行われていた。

TEAC「501シリーズ」とBeyerdyなみc「A2」

ヘッドホンについては、「T1」をはじめとするbeyerdynamicの製品に加えて、ヘッドホン祭でも披露されたKOSSの最新モデル「Pro4S」「SP540」「SP330」も出展。発売時期は1月下旬から2月にかけてを予定しているという。

beyerdynamic「T1」

KOSSの最新ヘッドホンも出展

■ハーマンインターナショナル

ハーマンインターナショナルは、同社が取り扱うマークレビンソンやJBLのオーディオ製品を出展した。マークレビンソンからは、12月に発売されたばかりのUSB-DAC内蔵プリメインアンプ「No585」が出展。JBL「S4700」と組み合わせてのデモが大なわれた。

NO585とS4700の組み合わせでデモが行われた

また、JBLのコンパクトモニター「4312M II WX」とOlasonicのコンポーネントを組み合わせたシステムも展示されていた。

コンパクトモニター「4312M II WX」とOlasonicのシステム

■KEF

KEF JAPANは、ヘッドホン「M500」の新色となるブラックとホワイトを展示。ブラックはメタル部まで黒色で統一されるなど、インパクトの強いカラーバリエーションとなっていた。価格や登場時期は現時点では未定とのこと。

M500の新色ホワイト&ブラック

M500の通常色とM200

■KORG

KORGは、DSD対応のUSB-DAC「DS-DAC-100」「DS-DAC-10」と、DSD対応プレーヤーソフト「AudioGate 3」を組み合わせてのデモを実施していた。

KORGはDSD対応DACとAudioGate 3を組み合わせてデモ

関連記事