HOME > PHILE WEB AUDIO

ニュース

オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

2019年08月22日の更新情報

FX-AUDIO-、6,980円でデュアルモノ構成のステレオパワーアンプ「FX-1001Jx2」
デジタルパワーアンプIC「TPA3116」2基搭載
ノースフラットジャパンは、FX-AUDIO-ブランドより、ステレオパワーアンプ「FX-1001Jx2」を8月23日21時から発売開始する。

デノン/マランツ、HEOS搭載モデルで一斉アップデート。Spotify無料アカウント対応など
Height Virtualizer対応も
D&Mホールディングスは、デノンとマランツのHEOSテクノロジー搭載製品に対して、機能を追加するアップデートを実施する。

ディナウディオ、新ハイエンドスピーカー「Confidence」正式発表。最上位機はペア570万円
ユニットからバッフルまで刷新
DYNAUDIO JAPANは、DYNAUDIO(ディナウディオ)のハイエンド・スピーカーシステム「Confidenceシリーズ」を9月1日から発売する。

【参加申し込み受付中】9月1日 生形三郎×aiaiによる試聴会&ライブ開催! オーディオアクセサリー174号発売記念
ライブは生形三郎氏がポータブル録音機で生録音、その場で再生も!
「季刊オーディオ アクセサリー」最新174号が発売されました。その記念イベントとして、「生形三郎氏とaiaiによる高音質試聴会&生音ライヴ」を9月1日に行います。

<香港オーディオショウ>高いアクセサリー需要、好評の日本製ケーブルブースをレポ
クオリティアップに活用
香港オーディオショウでの、日本のオーディオアクセサリーを取り扱うLabkable ProShopブースの様子をレポートする。

2019年08月21日の更新情報

オーディオラボ鶴岡、「Fyne Audio」などアクシス取り扱い製品の試聴会を8月24・25日開催
開催場所は山形県鶴岡市の新オーディオショップ
山形県鶴岡市「オーディオラボ鶴岡」が、アクシスの製品試聴会を8月24日(土)、25日(日)に開催

ティアック、ナイフエッジ方式トーンアーム搭載のレコードプレーヤー「TN-3B」に新色ホワイト
10月下旬から国内販売を開始
ティアックは、ベルトドライブ方式のレコードプレーヤー「TN-3B」に新色ホワイトを追加。10月下旬から発売する。

デノン、新フラグシップ「SX1 LIMITED」先行試聴会を新宿のヨドバシ/ビックカメラで今週末開催
こだわり尽くしたSACD&アンプ
ディーアンドエムホールディングスは、9月中旬より発売を予定するデノンの新フラグシップオーディオ「DCD-SX1 LIMITED」「PMA-SX1 LIMITED」の先行試聴会を、8月24日(土)/25日(日)の2日間連続で開催する

のだや仙台店、PS Audioのクリーン電源システム「PowerPlant P20/15/12/3」比較試聴会を8/31開催
オーディオ/ホームシアターの二部構成
完実電気は、同社が取り扱うPS Audioのクリーン電源システム「PowerPlant P20」など全4機種の比較視聴会を、8月31日(土)にのだや仙台店にて開催する。イベントは二部構成で、14時からオーディオの部、15時半からホームシアターの部となる。入場は無料。

“豪華すぎる付録CD”『オーディオアクセサリー174号』が本日発売開始
生形三郎氏が録音
8月21日(水)より、全国の書店およびAMAZON、富士山マガジンサービス等のネットショップにて最新刊『オーディオアクセサリー174号』に発売を開始した。

2019年08月20日の更新情報

Bluesound日本上陸。MQA/roon対応の小型ネットワークプレーヤーやワイヤレスSPなど6機種
カナダ初の新鋭ブランド
(株)PDNは、カナダのオーディオブランド「Bluesound(ブルーサウンド)」と総輸入代理店契約を締結。ハイレゾやMQAなどのネットワーク再生、音楽ストリーミング再生に対応したプレーヤーやアンプ、CDリッピング対応ミュージックサーバー、スピーカーなど6モデルを8月21日より発売する。

2019年08月21日の更新情報

SOULNOTE、軽量発泡テフロン皮膜採用のバランス/スピーカーケーブル4機種
同社アンプの性能を引き出すとアピール
CSRは、オーディオブランド SOULNOTEより、リファレンスバランスケーブル「RBC-1」を10月下旬に、リファレンススピーカーケーブル「RSC-04」「RSC-06」「RSC-10」を8月下旬に発売する。

2019年08月20日の更新情報

「季刊オーディオアクセサリー174号」発売記念、生形三郎×aiaiによる試聴会&生音ライブを9/1開催
付録CDは生形三郎レック・コレクション
「季刊オーディオアクセサリー174号」が8月21日に発売される。記念イベントとして、9月1日に東京・新富町のon and onにて、付録のサンプラーCDを監修した生形三郎氏と、収録アーティストaiaiによる高音質試聴会&生音ライブを開催する。

<香港オーディオショウ>オーディオノートの新プリアンプ「M7 Heritage」が登場
光カートリッジも注目を集める
8月9日から11日の三日間開催された香港オーディオショウでは、日本のハイエンドオーディオブランド「オーディオノート」の新プリアンプ「M7 Heritage」も登場した。オーディオノートは海外では『KONDO(コンドー)』の名前でブランド展開を行なっている。

アイコール、バキューム式レコードクリーナーなどオーディオ製品の生産を9月末で終了
製品メンテナンスや特定消耗部品の販売は継続
アイコール(株)は、2019年9月末をもって、オーディオ製品の生産を中止する運びとなった。同社は2016年よりオーディオ業界に新規参入し、初の国産によるバキューム式レコードクリーナーを発売するなど、オーディオファン、アナログレコードファンに大きな話題となった。

「低音の響き」と「定在波」を考える試聴会、来週末8月30日・31日に開催
アコースティックラボ蔵前ショールームにて
防音工事会社のアコースティックラボは、オーディオにおける低音の響きを左右する「部屋の定在波」について考える試聴会「第65回Acoustic Audio Forum」を来週末8月30日・31日に開催する。

2019年08月19日の更新情報

ミュージックバード、初期費用無料でハイエンドチューナーが利用できる新プラン
2つの新レンタルプランを9/2から受付開始
衛星デジタル音楽放送『ミュージックバード』は、初期費用0円でサービスを利用できるレンタルプランをリニューアル。ハイエンドチューナーを選択できる「コミコミFive」と「コミコミ100」の2つのプランを9月2日から提供開始する。

“音の良いホール”相模湖交流センターにて、コンサート音源のハイレゾ試聴会が8/23から開催
8/23 - 8/25の三日間
音にこだわる多くのミュージシャンに愛されるコンサートホール、相模湖交流センターにて、過去に開催されたライヴ音源をDSD5.6MHzで試聴できる「ハイレゾコンサート Vol.3」が開催される。日時は8月23日から25日の3日間。

2019年08月16日の更新情報

名古屋「SOUND PIT」でAUDIO NOTE製品の取り扱いがスタート
真空管モノパワーアンプ「SOUGA」など
名古屋のオーディオ専門店「SOUND PIT」にて、AUDIO NOTE製品の取り扱いがスタートした。

ACCUSTIC ARTS、自社レーベルのオーディオファイル向け高音質CD第6弾
グラミー賞受賞作にも携わったミュージシャンをフィーチャー
ハイ・ファイ・ジャパンは、同社が取り扱う独ACCUSTIC ARTSが設立したレコードレーベル「Accustic Arts Audiophile Recordings」のCD第6弾、Joe Gallardo『Blue Minor』を、9月21日より発売する。

on and on、逆木一氏による「Roon」徹底解説&体験イベント。8月24日開催
Nucleusも登場
東京・新富町のオーディオショップ「on and on」は、8月24日(土)14時から、オーディオ評論家の逆木 一氏を講師に迎え、総合音楽鑑賞ソフト「Roon」を徹底解説、その使い勝手やサウンドを実際に体験するイベントを開催する。

2019年08月15日の更新情報

音質向上のカギを満載『電源&アクセサリー大全2020』、大好評発売中
いい音で聴くために欠かせない最新情報
より良い音で聴くためのお役立ち情報満載の『電源&アクセサリー大全2020』誌が絶賛発売中。

『EISA AWARD 2019-2020』発表!―世界の一流メディア達から選ばれた受賞モデル達
小社『季刊・オーディオアクセサリー』誌も審査に参加
1982年に欧州の専門誌によって設立された団体EISA(Expert Imaging and Sound Association)。スタート時は5つの専門誌からスタートしたEISAは、やがて欧州全体へとその影響力を拡大し、2017からは真にグローバルな団体としての歩みをスタートさせいまや全世界29カ国、61の専門メディアからなる団体となるにいたっている。

2019年08月14日の更新情報

SANSUI、真空管ハイブリッドアンプ搭載のBluetooth対応CDステレオコンポ
スピーカー一体型モデルも
ドウシシャは、SANSUIブランドのCDステレオシステム「SMC-500BT」を8月下旬から、「SMS-850BT」を8月中旬より発売する。

2019年08月11日の更新情報

<香港オーディオショウ>直径8cmの「ミニレコード」開発中。CDの技術投入、3分程度収録
MQA-CDへの関心高まる
8月9日から11日の3日間、香港コンベンションセンターにて開催されている香港ハイエンドオーディオビジュアルショウ2019。香港では高音質メディアに対する関心も高く、メモリーテック開発によるUHQCDやハイレゾ音源が封入できるMQA-CDのリリースも精力的に行われている。音質にこだわるレーベルの最新事情を紹介しよう。

<香港オーディオショウ>STROMTANK最新モデル「S 1000」アジア初披露/バーチャルアース注目モデルも
高まる電源関連機器
8月9日〜11日の3日間、香港コンベンションセンターにて開催されている香港ハイエンドオーディオビジュアルショウ2019。今年の同会場で注目したいのが、高まりつつある電源関連機器への関心だ。

過去記事一覧