HOME > PHILE WEB AUDIO

ニュース

オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

2020年01月17日の更新情報

RME、1000兆分の1秒単位の高精度クロック搭載AD/DAコンバーター新モデル「ADI-2 Pro FS R Black Edition」
ADI-2 DAC FSもアップデート
シンタックス・ジャパンが取り扱う独RMEは、アナハイムで開催中の「NAMM SHOW 2020」にてAD/DAコンバーターの新製品「ADI-2 Pro FS R Black Edition」を発表した。

ダイレクトカッティング制作の舞台裏を語るイベント、1/31に御茶ノ水「JazzTOKYO」で開催。井筒香奈江も登場
ラックスマンの機材で再生
井筒香奈江のダイレクトカッティングによるアナログレコード「Direct Cutting at King Sekiguchidai Studio」をラックスマンの高級オーディオで楽しむイベントが、1月31日19時から開催される。場所は御茶ノ水の「ディスクユニオン Jazz TOKYO」。

エソテリック、一体型SACDプレーヤー「Grandioso K1X」専用外部強化電源ユニット「Grandioso PS1」
パフォーマンスをより最適化
エソテリックは、SACDプレーヤー「Grandioso K1X」専用の外部強化電源ユニット「Grandioso PS1」を、2月1日より発売する。

2020年01月16日の更新情報

DYNAUDIO「新Confidenceシリーズ試聴会」1月25日開催。on and onで
再生ソフトはRoonを使用
DYNAUDIO JAPAN(株)は「DYNAUDIO 新Confidenceシリーズ試聴会」を1月25日(土)に開催する。

2020年01月15日の更新情報

サエク、テクニクス「SL-1000R/SH-1000R」専用アームベース。トーンアーム「WE-4700」に対応
オリジナルモデル「WE-407/23」にも対応
サエクコマースは、テクニクスのターンテーブル「SL-1000R/SH-1000R」向けに、同社のダブルナイフエッジ方式トーンアーム「WE-4700」を取り付けられる専用アームベース「SAB-1000R」を1月30日から発売する。価格は150,000円(税抜)。

部屋の内装、「無垢の木材」は音に良いのか? 検証する試聴会が来週末1月24日・25日に開催
アコースティックラボ蔵前ショールームにて
防音工事会社のアコースティックラボは、「オーディオルームの内装材:無垢の木材の音は良いのか?」をテーマにした試聴会「第69回 Acoustic Audio Forum」を来週末1月24日(金)・25日(土)に開催する。

フォステクス、カードサイズの小型アンプ「AP05mk2」。従来機から音質や使い勝手改良
自作スピーカーなどを組み合わせ想定
フォスター電機(株)フォステクスカンパニーは、自作スピーカーなどを組み合わせ手軽にシステム構築できる、小型パーソナルアンプ「AP05mk2」を1月下旬から発売する。価格はオープンだが、税込6,500円前後での実売が想定される。

オーディオ哲学宗教談義、Season4が1月26日よりスタート。参加受付を開始
サウンドクリエイトラウンジの名物イベント
哲学者・黒崎政男氏と、宗教学者・島田裕巳氏がオーディオと宗教と哲学を巡る対談を行っているサウンドクリエイトの名物イベント「オーディオ哲学宗教談義」のシーズン4が、2020年1月26日(日)よりスタートする。

2020年01月14日の更新情報

KRYNA、新スピーカースタンド「Stage II」。最新研究結果を盛り込み性能向上
強度・剛性の大幅アップなど
KRYNA(株)では、好評を得てきたスピーカースタンドの「Stage」をモデルチェンジし、リニューアルさせた「StageU」を1月12日より発売した。

「オーディオフェスタ・イン・ナゴヤ」2月22日・23日開催。“過去最多”32メーカーが出展
会場フロアも拡大
東海地区最大規模のオーディオ&ビジュアルイベント「オーディオフェスタ・イン・ナゴヤ」が2月22日(土)、23日(日)に開催される。会場は名古屋国際会議場。入場無料。

2020年01月10日の更新情報

オリンピック・パラリンピックイヤーに新たな価値訴求で増客に取り組む
秋葉原電気街振興会が「新年交歓会」開催
秋葉原電気街振興会は令和2年1月9日、賛助会員および関連企業が集う毎年恒例の「新年交歓会」を開催した。

MSB、独自Pro ISL方式でデジタル信号を光変換するUSBアダプター「Pro USB」
Pro ISLモジュールと光ケーブルのセットも
アクシスは、同社が取り扱うMSB Technologyより、独自のPro ISL方式により高精度の信号伝送を可能にするというUSBアダプター「Pro USB」を1月から発売する。

Fyne Audio、一部製品を値上げ。2月21日より実施
本国の価格改定に伴い
アクシスは、同社が取り扱うFyne Audioブランドの一部を除く製品価格の改定を行うことを発表した。日本国内のFyne Audio取り扱い販売店での希望小売価格は、2020年2月21日より改定される。

<CES>ティアック、完全バランス入出力回路構成フォノイコ「PE-505」
メーターにインピーダンス/サブソニック表示も可能
ティアックは、同社“Referenceシリーズ”の新製品として、デュアルモノラル、完全バランス入出力回路構成のフォノイコライザーアンプ「PE-505」を、米ラスベガスの「CES 2020」に合わせて発表。CES 2020のブースでも早速展示した。

JFSounds、純マグネシウム導体芯採用スピーカーケーブル「MS205C」。柔軟性高め取り回しやすく
振動を直接吸収
ジャパンファインスチールは、同社の音響ブランド「JFSounds」より、純マグネシウムを導体芯に使用したスピーカーケーブル「MS205C」を発売した。価格は1,350円/m(税抜)。

ELAC、新“stepX-JET”ドライバー搭載のフロア型スピーカー「Concentro S 507」
「FS 507 VX-JET」の後継機
ユキムは、同社が取り扱う独ELAC(エラック)のスピーカーシステム「Concentro S 507」を2月に発売する。価格は1,800,000円(ペア/税抜)。

2020年01月08日の更新情報

<CES>オーディオテクニカ、ベルトドライブ式ターンテーブル「AT-LPW50PB」。399ドル
日本での発売は未定
オーディオテクニカは、ベルトドライブ式ターンテーブル「AT-LPW50PB」を米国で発表した。

2020年01月07日の更新情報

OCTAVEのプリメインアンプ全モデル比較試聴イベント、テレオンにて1月25日・26日開催
25日はフリー試聴、26日は解説込みのイベント
フューレンコーディネートは、同社が取り扱うオクターブの真空管搭載プリメインアンプ全機種を比較試聴するイベントを1月25日、26日に東京のテレオンにて開催する。

2019年12月29日の更新情報

約100年前の蓄音機とSPレコードを再生する番組、大晦日にNHKラジオ第一で生放送。哲学者・黒崎政男氏ら出演
「教授の大みそか 〜蓄音機&SPレコード特集〜」
哲学者・黒崎政男氏が、ラジオ番組「教授の大みそか〜蓄音機&SPレコード特集」(第13弾)に出演する。12月31日(火)12時15分から15時55分までNHKラジオ第一にて生放送。

2019年12月27日の更新情報

SONORE、「opticalRendu/Module」発売日は1月15日に決定
光ファイバーケーブル、SFPモジュール同時発売
トップウイングサイバーサウンドグループは、SONOREブランドの光ファイバー(SFP)-USBオーディオブリッジ「opticalRendu」、および光ファイバー(SFP)-LANコンバーター「opticalModule」について、2020年1月15日に発売することを発表した。

2019年12月26日の更新情報

シンガーMAYAが自らセッティング、新レーベル設立も発表されたオーディオイベントレポート
オーディオと音楽の融合がテーマ
12月18日にジャズ&ラテンシンガーとして活躍するMAYAによる初のオーディオイベントが東京・神楽坂のライブハウス「神楽音」で開催された。本イベントは、「女性目線からのオーディオ」と「音楽とオーディオの融合」をテーマとし、当日は約50名のライヴファンやオーディオファンが募った。オーディオをメインとした第一部とミニライヴの二部構成で行われたその模様をお伝えする。

過去記事一覧