HOME > PHILE WEB AUDIO

ニュース

オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

2018年05月25日の更新情報

エソテリック、SACD「名盤復刻シリーズ」より『トリスタンとイゾルデ』『オテロ』発売
クライバー/カラヤン指揮
エソテリックは、「名盤復刻シリーズ」よりSACDハイブリッド盤2タイトルを6月22日に発売する。

ティアック、オープンリールテープ販売にメタルリールとスプライシングテープを追加
ラインナップを拡充
ティアックは、 オープンリールテープ『RECORDING THE MASTERS』のラインナップを拡充。空のメタルリール「R39600」とスプライシングテープ「R39200」を、ティアックストアにて販売開始した。

e-onkyo、新規会員登録&楽曲購入でハイレゾ対応イヤホンかDAPが当たるキャンペーン
シングルもしくはアルバム1年分のクーポンも当たる
e-onkyo musicは、新規会員登録&音源購入したユーザーを対象としたプレゼントキャンペーンを、本日5月25日から6月23日までの期間に開催する。

マクレビが聴ける「ハーマン・サウンド・キャラバン」全国オーディオ店で順次開催。第一弾は名古屋のサウンドピットで26日から
Mark Levinsonの現行製品が一堂に揃う
ハーマンインターナショナルは、同社が取り扱うMark Levinsonのハイエンドオーディオ製品を体感できるイベント「ハーマン・サウンド・キャラバン」を、全国のオーディオ専門店にて実施する。

2018年05月24日の更新情報

PS Audio、DSD変換でサインウェーブを生成する電源レギュレーター「P15/P12」
Power Plantシリーズ20周年モデル
完実電気は、同社が取り扱うPS Audioの電源レギュレーター「DirectStream P15 Power Plant」「DirectStream P12 Power Plant」を7月中旬より発売する。

【HIGH END】Roonが純正サーバーを出した理由。「Nucleus」の詳細を同社マネージャーに聞いた
Roonに関する出展も総まとめ
MUNICH HIGH END 2018の会場で、特にファイル再生に関連して気になったブースについて、数回に分けて紹介していくシリーズ。本記事では、筆者が「総合音楽鑑賞ソフト」と呼ぶRoonの動向について紹介する。

2018年05月23日の更新情報

ブライトーン、SOtMのマスタークロック購入者に約12万円のBNCケーブルをプレゼント
5月末まで
ブライトーンは、SOtMブランドのマスタークロックジェネレーター「sCLK-OCX10」の発売を記念し、対象製品購入者に約12万円相当のマスタークロック接続用ケーブル「dCBL-BNC 50Ω 1.0m」をプレゼントするキャンペーンを実施する。キャンペーン期間は2018年5月23日から2018年5月31日まで。

【moraアニソンハイレゾTOP10】いとうかなこ「ファティマ」が再び1位!鈴木このみ初ハイレゾ音源も配信開始
オーイシマサヨシの新作も登場
mora今週のアニソンハイレゾ売上げランキング&オススメ作品を更新!いとうかなこ「ファティマ」が再び1位!鈴木このみ初ハイレゾ音源やオーイシマサヨシの新譜も配信開始

アコースティックラボ、オーディオルームの“響きの質”を考える試聴会を明後日5月25日から開催
追加情報を公開
アコースティックラボは、同社がオーディオ的な音響に配慮してつくった“音がいい防音室”「蔵前ヴィレッジ」で今週末5月25日(金)・26日(土)に開催する試聴会「Acoustic Audio Forum」について、追加情報を公開した。

QAcoustics、日本限定モデル「Concept 40J」ファイナル生産キャンペーンを実施
スピーカーケーブルもプレゼント
株式会社イースタンサウンドファクトリーは、同社が取り扱う英国のスピーカーブランド、QAcoustics社の日本限定モデル「Concept 40J」に関して、 ファイナル生産キャンペーンを開始した。

2018年05月22日の更新情報

コルトレーンのアナログマスターをダイレクトDSD化した世界初のSACD、タワレコ限定発売
インパルス時代の5タイトル
タワーレコードがJAZZの傑作アルバムをSA-CDハイブリッド化するシリーズの最新作として、ジョン・コルトレーンのインパルス時代の5タイトルがリリースされる。各3,500円(税抜)。

2018年05月21日の更新情報

“音がいい部屋”づくりのポイントを体験できる試聴会、今週末開催。アコースティックラボ「蔵前ヴィレッジ」にて
「響きの質」がテーマ
防音工事会社のアコースティックラボは、「オーディオルームの室内音響設計について(4)〜響きの質〜」をテーマに部屋づくりのノウハウ解説や音出しデモを行う試聴会「Acoustic Audio Forum」を今週末5月25日(金)・26日(土)に開催する。

'18年1Qの音楽配信は好調、ストリーミングのシェアがダウンロードを抜く
広告収入が大きく伸びる
日本レコード協会は、加盟全社の集計による2018年第1四半期(1月〜3月)の音楽配信売上実績を発表。2018年第1四半期の音楽配信売上は、 前年同期比113%の161億円となった。

【HIGH END】Cambridge Audioの旗艦DACプリ「EDGE NQ」/Playback Designsは「Dream」をデモ
注目のネットワーク/PCオーディオまとめ<3>
MUNICH HIGH END 2018の会場で、特にファイル再生に関連して気になったブースについて、数回に分けて紹介していくシリーズ。本記事では、USB-DACをはじめとするPCオーディオ関連製品を取り上げる。

HIFIMANの平面磁界駆動型ヘッドホン「SUNDARA」、約5万円で5月25日発売
新開発ダイアフラム採用で広帯域再生も実現
(株)HIFIMAN JAPANは、平面磁界駆動型ヘッドホン「SUNDARA」を5月25日から発売する。価格はオープンだが、50,000円前後での実売が想定される。

『オーディオアクセサリー169号』が本日より発売開始! 特別付録はMQA-CD
プリメインアンプ23モデルのスクランブルテストを実施
オーディオにまつわる様々な情報を網羅した季刊・オーディオアクセサリー誌。その最新刊となる『オーディオアクセサリー169号』が、本日5月21日より全国の書店およびネットショップにて発売を開始した。

2018年05月19日の更新情報

【HIGH END】LUMIN、Naimなどが新ネットワークプレーヤーを発表。SOtMからオーディオ用ハブ
逆木一が注目したネットワーク/PCオーディオ<2>
MUNICH HIGH END 2018の会場で、特にファイル再生に関連して気になったブースについて、数回に分けて紹介していく。本記事では、ファイル再生機器の中でストレージを搭載せず音源の再生に特化した「プレーヤー」関連製品に注目する。

【HIGH END】サエク、約30年ぶりのトーンアーム新製品「WE-4700」。当時の10倍の精度を実現
ダブルナイフエッジ構造を採用
現地時間の2018年5月10日(木)より4日間、独ミュンヘンにて開催された世界最大のハイエンドオーディオ見本市『HIGH END 2018』。今年もさまざまなブランドから最新製品が集結し、大きな賑わいを見せた。HIGH ENDを開催するドイツは世界的にも屈指のアナログ大国だ。今年も例外なく多くのアナログ関連製品が登場し、多くの来場者の注目を集めていた。なかでも、特に多くの話題を呼んだのが、サエクのトーンアームとしておよそ30年ぶりの新製品となる「WE-4700」だ。

2018年05月18日の更新情報

仏・クラシックレーベル「ERATO」が新人オペラ歌手のエルザ・ドライジと独占契約
デビューアルバムは10月を予定
フランスで創立されたレーベル「ERATO(エラート)」は、新人ソプラノ歌手・エルザ・ドライジと独占契約を交わしたことを発表した。

【HIGH END】注目の最新スピーカーを聴く(2)。VIvid Audio「KAYA」/エラック 新400シリーズなど
ディナウディオ 新Confidenceも
前編に続き、HIGH END 2018 MUNICHの会場で音を聴くことができたスピーカーの新製品を紹介する。

Pro-Ject、S字型トーンアーム搭載のレコードプレーヤー「2Xperience SB S-shape」
リンギング回避を徹底
ディーアンドエムホールディングスは、同社が取り扱うPro-Jectより、ベルトドライブ方式のレコードプレーヤー「2Xperience SB S-shape」を5月中旬より発売する

MYTEK「Manhattan DAC II」など3製品、発売日が6月下旬に決定
最上位Manhattan DAC IIは78万円前後
エミライは、新たに取り扱いを開始するMYTEK DigitalのDAC製品3モデルについて、価格と発売日を決定。6月下旬より発売する。

ももクロの初ハイレゾ配信決定。ベストアルバム『桃も十、番茶も出花』が5月23日からmora独占先行配信
通常仕様も同時配信
人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の初ベストアルバム『桃も十、番茶も出花』のハイレゾ音源が、CD発売日と同日の5月23日(水)よりmoraにて独占先行配信される。フォーマットはFLAC(96kHz/24bit)、価格は4,800円(税込/単曲は税込540円)。

DALI、130mmウーファーを搭載したブックシェルフ型スピーカー「SPEKTOR2」
SPEKTORシリーズに追加
ディーアンドエムホールディングスは、デンマークDALIブランドのブックシェルフスピーカー「SPEKTOR2」を5月末に発売する。価格は42,000円(ペア/税抜)。

2018年05月17日の更新情報

鹿乃が歌うアニメ『実験品家族』のED曲「春に落ちて」がデジタルシングルでリリース
ハイレゾも配信
アニメ『実験品家族 -クリーチャーズ・ファミリー・デイズ-』のエンディングテーマである鹿乃の「春に落ちて」が、6月6日にデジタルシングルとしてリリースされる。

リアルタイム音楽ストリーミングを検討するコンソーシアムが開催 ー NTTや大学など10団体が参加
商業配信の実現を目指す
「コンサートを再定義する」というコンセプトのもと、リアルタイム音楽ストリーミングの可能性と商業化に向けた取り組みを推し進める「デジタルコンサートライブ事業化検討コンソーシアム」が、NTTなど民間企業10社と、大学研究機関により設立された。

【HIGH END】PMCの新旗艦スピーカー「Fenestria」詳報 − 開発陣がその技術を解説
「存在を感じさせないスピーカー」を目指して開発
PMCは、現地時間の2018年5月10日よりドイツ・ミュンヘンで開催されたMunich HIGH END 2018にて、新たなフラッグシップスピーカーとなるFactシリーズの最新モデル、「fenestria」を発表した(関連ニュース)。

2018年05月16日の更新情報

e-onkyo music、井筒香奈江の新譜『Laidback2018』を本日より独占配信中
エンジニアリングは高田英男が担当
ハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」は、高音質録音作品でオーディオファンの人気を集めている歌手・井筒香奈江のニューアルバム『Laidback2018』の独占配信を、本日5月16日0時より開始している。

PRIMARE、“CD再生に特化して音質を高めた”旗艦CDプレーヤー「CD35」とプリメイン「I35」
CD32/I32の後継モデル
ナスペックは、同社が取り扱うPRIMAREのフラグシップライン「30シリーズ」の新モデルとして、CDプレーヤー「CD35」とプリメインアンプ「I35」を、5月21日に発売する。

【HIGH END】逆木一が注目したネットワーク/PCオーディオ<1>サーバー編
ファイル再生に関連した展示をピックアップ
ドイツで開催された「MUNICH HIGH END 2018」で、ファイル再生に関連した展示をピックアップ。本記事では、日に日に重要性が増している「サーバー」、特にストレージを搭載して機器自体に音源を保存可能な機器を紹介する。

【moraアニソンハイレゾTOP10】アイマス完全新作『シャニスタ』主題歌「Spread the Wings!!」が1位!
悠木碧と竹達彩奈によるプチミレのニューシングル登場
mora今週のアニソンハイレゾ売上げランキング&オススメ作品を更新! アイマス完全新作『シャニスタ』新アイドル16人で歌う「Spread the Wings!!」が1位! さらに、悠木碧と竹達彩奈による“プチミレ”のニューシングルが配信開始!

2018年05月15日の更新情報

DALI、創立35周年を記念した特別試聴会を5月26日新宿で開催
歴史を振り返りつつ代表モデルを聴き比べ
ディーアンドエムホールディングスは、DALIブランドが今年創業35周年を迎えることを記念した「DALI特別試聴会」を5月26日に開催する。会場はヨドバシカメラ新宿西口本店。

OTOTOY、ワーナーミュージックのタイトルを配信開始
新譜のハイレゾを中心にスタート
オトトイが運営する、音楽メディア、ダウンロード・ストアOTOTOYは、2018年5月1日に、ワーナーミュージックと契約。これより、ワーナーミュージックの持つ、洋楽、邦楽さまざまなタイトルの音源を配信開始することを発表した。

横浜真空管アンプ同好会、「300Bと非300Bの饗宴」をテーマに公開試聴会を5月27日に実施
会場は神奈川県海老名市文化会館
神奈川県横浜近辺を活動拠点としているオーディオサークル「横浜真空管アンプ同好会(Yokohama Vacuum Tube Amplifier Club)」は、日頃の研鑽の成果を聴いてもらう公開試聴会を、神奈川県海老名市文化会館にて5月27日に実施する。

米AUDIENCEブランド製品の輸入開始、スピーカーとケーブルが主軸
取り扱いはオーディエンスジャパン
アメリカのオーディオメーカーAUDIENCE(オーディエンス)の製品が輸入開始された。取り扱いはオーディエンスジャパン(株)。

KaNaDeが新たに投入、ケーブルインシュレーター「KaNaDe ci」試聴会が開催
5月26日にユニオン御茶ノ水アクセサリー館で開催
オーディオユニオン御茶ノ水アクセサリー館にて5月26日(土)にKaNaDeブランドの新製品、ケーブルインシュレーター「KaNaDe ci」の試聴会を開催する。

アンダンテラルゴ、接点クリーニング・拡張安定剤「TMD」に3mlの少容量タイプ
拡張安定剤「ポリマー」のみの詰め替え用も
アンダンテラルゴ(株)は同社から発売されている接点クリーニング・拡張安定剤であるTMD(Trans-Music Device)に関して、手軽で求めやすい少容量タイプ「TMD-3」(3ml)モデルの発売を開始した。価格は7,000円(税別)。 ※通常モデルは各20mlの「TMD-20」(26,800円)と各10oの「TMD-10」(16,800円)

【HIGH END】山之内 正が注目したスピーカー、そのサウンドとは(1)Focal/PMC編
大胆きわまりない新アイデアも
HIGH ENDの会場で出会った新製品と現行機種のなかから、この記事ではスピーカーに焦点を合わせて音の印象をまとめておく。

【HIGH END】オルトフォン、ダイヤモンドカンチレバー採用の100周年記念カートリッジ「MC Century」
100年の全てを結集
オルトフォンは、独ミュンヘンにて開催された「Munich HIGH END 2018」にて、同社100周年を記念する最新カートリッジ「MC Century」を発表した。全世界限定100個。日本での発売価格はまだ未定だが、およそ150万円程となる見込み。正式なアナウンスは今秋が予定されている。

【HIGH END】日本ブランドが新モデルを続々披露。国内での展開はどうなる?
欧州ファンからも熱視線
現地時間10日から13日にわたり独ミュンヘンで開催された世界最大規模のオーディオ見本市「HIGH END 2018 MUNICH」。本イベントには日本からも多くのブランドが参加。確固たる存在感を示していた。

過去記事一覧