HOME > PHILE WEB AUDIO

ニュース

オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

2019年05月24日の更新情報

fo.Qのケーブルスタビライザーに新モデル。2種類の溝径でジャストフィットを実現
2個セットで税抜14,000円
木曽興業(株)は同社のオーディオアクセサリーブランドであるfo.Qよりケーブルスタビライザー「CS-1015」の発売を開始した。価格は2個1セットで14,000円(税抜)。

シックスエレメント、ランタノイド元素を添加したCD/DVDスタビライザーを発売
最新刊『オーディオアクセサリー173号』で詳細レポート中
(株)イース・コーポレーションは、同社が取り扱う台湾のオーディオアクセサリーブランド、シックスエレメントの新製品である、CD/DVDディスクスタビライザー「HE-R1シリーズ」の発売を開始した。

KaNaDe、CD回転中の静電気を常時放電させる「CD盤専用シール」を発売
最新刊『オーディオアクセサリー173号』で詳細レポート中
(株)金井製作所インシュレーター部は、同社が手がけるKaNaDeブランドの新製品として、CD盤専用シール「C MatriX」の発売を開始した。28枚+αのセットでCD7枚分の対策ができ、価格は1,500円。オーディオユニオンでの限定発売となっている。

マツダの新型車「MAZDA3」にパイオニア製スピーカーが採用
スピーカー配置に工夫した新オーディオシステム
パイオニアは、本日5月24日に発売となったマツダの新型車「MAZDA3」のオーディオ システム「マツダ・ハーモニック・アコースティックス」にパイオニア製スピーカーが採用されていることを発表した。

audioquest、ペア832万円のスピーカーケーブル「Dragon」。導体構造を刷新、高/低域用を別設計
上位2シリーズ 5モデルを発売
ディーアンドエムホールディングスは、同社が輸入する米ケーブルブランド audioquest(オーディオクエスト)の新製品として、2シリーズ 5モデルのスピーカーケーブルを5月下旬から発売する。最上位「Dragon」のバイワイヤモデルの価格はペア832万円となる。

Pro-Ject、選別品モーター採用の上位レコードプレーヤー「XTENSION12RS」。オルトフォン製アーム搭載
ガンズアンドローゼス/リンゴスターコラボも
D&Mホールディングスは、同社が取り扱うPro-Jectのターンテーブル「XTENSION12RS」を9月に発売する。

2019年05月23日の更新情報

<HIGH END>2019年の来場者数は前年+6.5%の21,180人。成功の理由は「ENJOY THE MUSIC」
世界最大のオーディオショウ
現地時間の2019年5月9日(木)〜12日(日)に開催されたHIGH END MUNICH 2019。今年も大盛況のうちに幕を閉じた同ショウは、今年の来場者を前年比6.5%増となる21,180人と発表した。

2019年05月22日の更新情報

<HIGH END>Crystal Cable、15周年を記念した「FUTURE DREAMシリーズ」
SILTECHの巨大スピーカーも展示
オランダのハイエンドケーブルメーカー、クリスタルケーブルは、今年のミュンヘンハイエンドにてブランド創立記念15周年を記念とした「FUTURE DREAM」シリーズを発表した。

MQA-CD再生対応アクティブスピーカー、クリプトン「KS-9Multi+」は5月30日発売
MQAのフルデコード再生に対応
(株)クリプトンは、MQA-CDのダイレクト再生に対応したアクティブスピーカー最上位モデル「KS-9Multi+」を5月30日より出荷開始すると発表した。

クリプトン、ハイブリッド構造採用の電源ボックス「PB-333」と鉄球入り薄型オーディオボード「AB-555」
ステンレスインシュレーターも
クリプトンは、オーディオアクセサリー新製品として、電源ボックス「PB-333」、オーディオボード「AB-555」、ステンレスインシュレーター「IS-333」「IS-111」を6月中旬から順次発売する

クリプトン、2ウェイ密閉型スピーカー「KX-0.5」にピアノ仕上げモデルを追加
漆仕上げと合わせて3モデル展開に
クリプトンは、2ウェイ/密閉型のブックシェルフ型スピーカー「KX-0.5」(通称ポイントファイブ)について、新たにピアノ仕上げモデル「KX-0.5P」を追加。7月下旬より発売する。

2019年05月21日の更新情報

新首席指揮者キリル・ペトレンコ、ベルリン・フィルとの最初のシーズンを語る
年間記者会見での映像全編が公開
ベルリン・フィルは、2019年8月にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任する、キリル・ペトレン氏の談話の映像全編を公開した(日本語字幕つき)。

最新刊『オーディオアクセサリー173号』が本日発売。特集は“ミドル・ハイエンド”スピーカー20モデルのスクランブルテスト
ジャズヴォーカリスト山口 葵のサンプラーCDを付録
本日5月21日より、全国の書店およびAmazon、富士山マガジンサービスなどのネットショップにて、最新刊の『オーディオアクセサリー173号』が発売を開始した。

<HIGH END>DACチップメーカーで唯一出展のAKM、新フラグシップDAC「AK4499EQ」を披露
AK4497との比較デモを実施
旭化成エレクトロニクスはHIGH ENDに出展し、同社最新のフラグシップDAC “VERITA”「AK4499EQ」を披露。専用ブースを設けて、音質デモンストレーションも実施した。

2019年05月20日の更新情報

アンダンテラルゴ、オーディオケーブルやアクセサリーの無料貸し出しサービス
自社製品のスパイクベースやコード・カンパニーのケーブルなど
アンダンテラルゴ(株)は同社が取り扱っている人気のオーディオアクセサリーやケーブルに関して無料の貸出サービスを開始した。対象となるのは同社オリジナルのスパイクベース「サイレントマウント」とオーディオボード「ウィフォークボード」、そして英国のケーブルブランド、コード・カンパニーの人気モデルとなる。

“音がいい部屋”とは何か? 防音のプロが解説する試聴会が今週末5月24日・25日に開催
アコースティックラボ蔵前ショールームにて
アコースティックラボは、床・壁・天井といった部屋の構造がオーディオの音質にどれくらい大きな影響を与えているのかを解説する試聴会「第62回Acoustic Audio Forum」を今週末5月24日(金)・25日(土)に開催する。

バング&オルフセン日本橋にて「雨の日に聴きたいジャズとの出会い」イベントが開催
ソムリエがセレクトしたお酒も提供
バング&オルフセンは、6月9日(日)に「雨の日に聴きたいジャズとの出会い」と題して、同社のフラッグシップスピーカーでジャズを楽しみつつスイーツとお酒を楽しめるイベントを開催する。

amphionのスピーカー単独試聴会、ユニオン新宿店で今週末開催
elipsonアナログプレーヤーなど用意
Wefieldウインテストは、関東単独では初となる試聴会を、オーディオユニオン新宿店にて、今週末5月25日に実施する。

Technics「SL-1200MK7」2台購入で、ロゴ入りG-SHOCKやレコードが必ずもらえるキャンペーン
1台購入でもレコードをプレゼント
パナソニックは、5月24日(金)より発売するTechnics(テクニクス)ブランドのターンテーブル新製品「SL-1200MK7」の購入者に、オリジナルレコードやTechnicsロゴ入りG-SHOCKをプレゼントするキャンペーンを実施する。

エソテリック、SACD「名盤復刻シリーズ」にハンガリー舞曲、ハイドンの交響曲集など3タイトル
6月20日から発売
エソテリックは、「名盤復刻シリーズ」よりSACDハイブリッド盤3タイトルを6月20日から発売する。

<HIGH END>JPLAY、専用サーバー試作機/ハイエンドオーディオのためのプロトコル「Diretta」出展
fidata、TIDAL対応ファームを披露
Windows向けの再生ソフトウェアとして高い人気を誇るJPLAYと、日本発のオーディオプロトコル「Diretta」を開発するメガテク・エレクトロニクス社は、先日開催されたHIGH END MUNICH 2019に共同でブースを出展した。

2019年05月19日の更新情報

井筒香奈江、初期作品リマスター盤発売を記念したライブをon and onで開催。UHQCD試聴会も
ディナウディオでリマスター盤を試聴
東京都中央区のオーディオショップ on and onは、井筒香奈江『時のまにまに』シリーズ初期4作品のリマスター盤発売を記念して、本人によるライブ&試聴イベントを6月9日(日)に開催する。

2019年05月18日の更新情報

<アナログオーディオフェア>テクニクスのHi-Fi入門機「SL-1500C」が登場/Pro-jectの新ハイエンドターンテーブルも出展
メーカー合同試聴会も盛況
アナログオーディオ関連イベント「アナログオーディオフェア2019」が、本日5月18日と翌19日の2日間、東京・秋葉原の損保会館で開催される。入場は無料。本稿では、会場5階の各部屋で行われたメーカー出展の模様をお伝えする。

<アナログオーディオフェア>ヤマハ、ターンテーブル「GT-5000」など旗艦シリーズデモ/Regaは新Planarシリーズを一斉展示
トライオード最終型CDプレーヤーを参考出展
東京・秋葉原の損保会館にて、オーディオイベント「アナログオーディオフェア2019」が5月18日・19日の二日間にわたって開催される。本記事では、ヤマハやRegaなどが出展する4階スペースの展示内容についてレポートする。

<アナログオーディオフェア>フルテック、最新NCFアクセサリーを展示/レコードクリーニング製品も充実
各社試聴デモが盛況
アナログオーディオ関連イベント「アナログオーディオフェア2019」が、本日5月18日と翌19日の2日間、東京・秋葉原の損保会館で開催される。入場は無料。本稿では、会場3階で行われたイベントや、2階の各社出展ブースなどの様子を中心にお伝えする。

モニターオーディオ、第5世代「Goldシリーズ」。旗艦機の技術をさらに進化させた上位スピーカー
新開発の小口径ミッドレンジも肝に
ナスペックは、同社が扱うMonitor Audio(モニターオーディオ)より、Goldシリーズの第5世代となる新スピーカーシステム「GOLD 5Gシリーズ」を6月に発売する。ラインナップは以下の通り。

2019年05月20日の更新情報

HARBETHのスピーカーシステム 4機種が8月1日から値上げ。専用スタンドも
エムプラスコンセプトが取り扱い
エムプラスコンセプトは、同社が取り扱う英HARBETHの製品を、8月1日より値上げすることを発表した。

2019年05月17日の更新情報

Beagle Kickの2ndアルバム『MIRACLE』、発売記念イベントがオリオスペックで明日5月18日開催
同人CD初のMQA-CD仕様
音楽ユニット「Beagle Kick」の2ndアルバム「MIRACLE」が4月28日に発売した。その発売を記念したイベントが、5月18日に秋葉原のPCオーディオショップ、オリオスペックで開催される。

デンマーク発、オーディオベクターより新型スピーカー「QR5」発売
同社エントリーシリーズ最大の3ウェイ・フロアスピーカー
デンマークのオーディオブランド、AUDIOVECTOR(オーディオベクター)から、フロアスピーカーシステム「QR5」が発売された。価格はペアで398,000円(ペア・税抜)で、仕上げはブラックピアノ、ホワイトシルク、ダークステインウォールナットの3種類がラインアップされる。

<HIGH END>メモリーテックがUHQCDをヨーロッパ市場にもアピール
欧州でも好評の声
日本のCDプレス企業であるメモリーテックは、今年のミュンヘンハイエンドに初めて出展を行った。2016年に発売を開始した高品質CD、UHQCDの魅力を世界に向けて発信するのがその大きな目的だという。

「アナログオーディオフェア2019」が明日から2日間開催。『analog』誌主催のカートリッジ比較試聴イベントも
東京・秋葉原の損保会館で
レコード再生をテーマとしたオーディオイベント「アナログオーディオフェア2019」が、明日5月18日(土)、19日(日)、東京・秋葉原で開催される。

<HIGH END>DALI、壁掛け式サウンドバー「KATCH ONE」。CEOが魅力をアピール
最新天井スピーカーも登場
DALIはミュンヘンハイエンドにて、新しい壁掛け式のサウンドバー「KATCH ONE」、そして天井スピーカーの「PHANTOM E-60 S」を発表した。現地で、DALIのCEOであるラース・ウォーレ氏がプレス向けのプレゼンテーションを行った。

<HIGH END>カクテルオーディオからヘッドホンアンプ「HA500H」が登場
tubeアンプの切り替えが可能
韓国のNOVATRON社が開発するオーディオブランド、カクテルオーディオ。同社から、コンパクトなヘッドホンアンプ「HA500H」が登場した。

“高音質な部屋”構築のコツを体験できる試聴会、来週末5月24日・25日に開催。アコースティックラボ防音ショールームにて
「第62回Acoustic Audio Forum」
オーディオファン向け物件を多数手がける防音工事会社のアコースティックラボは、オーディオ的観点で高音質な部屋を構築するためのポイントを解説する試聴会「第62回Acoustic Audio Forum」を来週末5月24日(金)・25日(土)に開催する。

FYNE AUDIOのCEOが語る、スピーカー開発理念 − 自宅でバランス良く鳴らせるモデルを目指す
FYNE AUDIOのCEO、Andrzej Sosna氏インタビュー
FYNE AUDIOのマネージングディレクター(CEO)を務めるアンジー・ソスナ氏が、上海ショウを終え来日したタイミングで話を聞くことができた。創業時から現在の状況について、FYNE AUDIOの歩みについて語ってくれた。

電源ケーブルの音質を向上させる「ハイパーサブゼロ処理」サービス、サブゼロ処理研究所が特別価格で実施
サブゼロ処理研究所開設記念キャンペーン
楽器関連の部品やオーディオ関連部品・CD、LPレコードなどに独自のクライオ処理(極低温処理)を手掛けるサブゼロ処理研究所がユーザー所有の電源ケーブルに独自の「ハイパーサブゼロ処理」を施すサービスを特別価格で実施する。

2019年05月16日の更新情報

リン、「Selekt DSM」に新モジュール7モデル。KATALYST DAC搭載「AKURATE EXAKTBOX-I」も
KIKO DSMは生産完了に
リンジャパンは、モジュールによって機能拡張が行えるネットワークプレーヤー/アンプ「Selekt DSM」の新モジュール7モデルを6月に発売すると発表した。

福田雅光氏の新スピーカーがついに発表!そのモデル名は……
『オーディオアクセサリー』誌にて紹介中の新試聴室プロジェクト
オーディオアクセサリー誌人気連載「旬の音本舗・福田屋」でお馴染みの福田雅光氏の改装完成間近の自宅に新しいスピーカーシステムが搬入された。

田中伊佐資氏の著作『ジャズと喫茶とオーディオ』、5月25日より発売
音元出版が刊行する『季刊・オーディオアクセサリー』や『季刊・analog』誌等で健筆をふるう田中伊佐資氏による単行本『ジャズと喫茶とオーディオ』が5月25日より発売を開始する。定価は2160円。

プロ野球“巨人VS阪神”戦で「JBL Day」開催。スタジアムがチーム/ブランドカラーのオレンジに
巨人・丸佳浩選手にJBL製品を贈呈
大いに盛り上がりを見せた「JBL Day」。ハーマンでは、エンターテインメントとしての、ベースボールと音楽とのシナジーに大いに期待を寄せる。

過去記事一覧