JBLサウンドシステム搭載車の展示も

<ポタフェス>beatsを着けてセルフィー撮影/Parrot「Zik 2.0」/ヤマハはバイクとヘッドホンのコラボ展示

ファイル・ウェブ編集部
2014年12月21日
ヘッドホンを始めとしたポータブルオーディオ関連の各社が集うイベント「ポータブルオーディオフェスティバル2014(ポタフェス)」が開幕した。1階の屋外スペースには、BeatsやParrotが出展しているほか、JBLのサウンドシステムを採用したトヨタ「HARRIER」や、MotoGPに参戦しているヤマハのバイク「YZR-M1」も飾られている。


beatsのブースは、ヘッドホンを着けた姿をセルフィー(自撮り)して、同ブランドのCMを疑似体験しようというもの。好みのカラーのヘッドホンを借り受け、特設テント内で写真を撮るという試みだ。

ライトで演出された特設テント内で、ヘッドホンを装着してセルフィー撮影



モダニティは、ParrotのBluetoothヘッドホン「Zik 2.0」を各色用意。多くの来場者が製品を体験していた。

Zik 2.0


トヨタ「HARRIER」は実際に車内に乗り込むことが可能。そしてヤマハのバイクの両脇にはそれぞれヘッドホンとイヤホン各モデルが用意されており、試聴体験もできるようになっていた。

トヨタ「HARRIER」


ヤマハはバイクとヘッドホンのコラボ展示

関連記事