オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
「電源部制御の見直しを行うため」

テクニクス、最上位プリメイン「SU-R1000」を21年2月中旬に発売延期

編集部:平山洸太
2020年12月08日
パナソニックは、テクニクスブランドのプリメインアンプ「SU-R1000」の発売を2021年2月中旬に延期すると発表した。

「SU-R1000」

当初は12月11日に発売すると案内されていたが、これが延期される格好。延期の理由については、「電源部制御の見直しを行うため」と説明している。

同モデルは、フラグシップシリーズ“リファレンスクラス”初となるプリメインアンプ。アンプ部には、フルデジタルアンプ「JENO Engine」やLAPCといった、これまでのセパレートアンプにも搭載していた同社独自の技術を採用。低ノイズでクリアな音質や広大なサウンドステージを実現したとする。

また、歪み成分のみを抽出して正確に補正を行う「ADCT」、高速スイッチング電源と超低ノイズレギュレーターを採用した電源ユニット「AS2PS」といった技術を新開発。アナログ回路にも高音質化が施され、「Crosstalk Canceller」などの新技術が多数搭載されている。

関連記事