オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
2,800円から

ワーナーミュージックが「ハイレゾCD」リリース。ドナルド・フェイゲンなど名盤コレクション29作品

編集部:押野 由宇
2019年07月10日
ワーナーミュージックは、「ハイレゾCD 名盤コレクション<完全生産限定盤>」を、8月7日より発売する。

ワーナーミュージックがハイレゾCDをリリース

“ハイレゾCD” はMQAフォーマットの音源を収録するMQA-CDと、厳選した素材により音質向上を図ったUHQCDの技術をかけ合わせたもので、通常のCDプレーヤーで音の違いを楽しめるだけでなく、専用デコーダーを用意することでハイレゾ再生も可能としている。

すでにユニバーサルミュージックから発売がスタートしているこのハイレゾCDが、ワーナーミュージックからも発売。同社の豊富なカタログから選び抜かれた、ロック/ポップス/ジャズ/邦楽/クラシックの名盤29枚がリリースされる。価格は通常2,800円、クラシックは3,000円(税抜)、2枚組は3,800円(税抜)。

タイトルのなかには、アナログ・テープを基にした2019年192kHz/24bitマスターを176.4kHz/24bitに変換して収録したベット・ミドラー 「ローズ/オリジナル・サウンドトラック 」(1979年作品)や、3Mデジタル・テープ(50kHz/16bit)を基にした2002年48kHz/24bit DVD-Audioマスターを44.1kHz/24bitに変換して収録したドナルド・フェイゲン 「ナイトフライ 」(1982年作品)などが含まれる。詳細は特設ページから確認できる。

関連リンク

関連記事