オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
DAP/スマホで正しく再生できない問題を解決

MQA CDのリッピングファイルを正しく再生するための補正ツール「MQA Tag Restorer」

編集部:押野 由宇
2018年09月07日
MQAは、MQA CDからリッピングしたファイルを正しく再生させるための補正ツール「MQA Tag Restorer」の提供を開始した。

MQA CDは、Meridianの創業者であるボブ・スチュアート氏が開発したハイレゾ音声コーデック(符号化)技術「MQA」を投入されたCDで、通常のCDプレーヤーで再生できるほか、MQA対応のオーディオ機器を利用することでMQAによるハイレゾ再生が実現できる。

このMQA CDはRed Bookに準拠するためリッピングも可能で、リッピングしたファイルはMQAファイルとなる。だがDAPやスマホによっては、MQAストリームに埋め込まれたヘッダー情報が認識されないために正しくMQA再生ができない、という問題が報告されていたという。

これに対し、「MQA Tag Restorer」はファイル名とヘッダーを認識しオーディオファイルに復元する。リッピングしたファイルを変換すると、DAP、スマホの機種を問わず、MQA再生が可能なファイルが生成される。

なお現在「MQA Tag Restorer」はWindows版のみ用意されており、まもなくmacOSにも対応予定とアナウンスされている。

関連リンク

関連記事