オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ニッケルコア昇圧トランスを搭載

MYTEK、「Manhattan DAC II」にフォノ入力機能を追加する専用オプションカード

編集部:押野 由宇
2019年03月08日
エミライは、MYTEK Digitalブランドの「Manhattan DAC II」専用オプションとなる「PHONOアナログプリアンプカード」の取り扱いを本日3月8日より開始する。同社オンラインショッピングサイト、全国のオーディオ専門店にて購入でき、価格は178,800円(税抜)。

「Manhattan DAC II」専用のフォノ入力追加オプションカード

MYTEK Digital製USB-DAC「Manhattan DAC II」のオプションカード取り付け部に取り付けることで、「Manhattan DAC II」にフォノ入力機能を付加するもの。なお、メーカー認定エンジニアによる取り付け作業が必要となり、オプションカードの単品販売は行われない。取り付け作業は同社にて行われるほか、日本向け正規輸入品のみ本製品の取り付けが行われ、製品の購入にあたり本体シリアル番号の確認が必要となる。上記の価格は作業工賃などすべて含んだものとなる。

本製品にはカスタム仕様のニッケルコア昇圧トランスを搭載した高性能フォノプリアンプ回路(MM/MC対応)を採用。取り付けるとフロントパネルのメニューまたはリモコンを使用して、入力インピーダンス/昇圧比/RIAAカーブ/ゲイン選択の設定の切り替えと調整が可能となる。

最大入力レベル(1kHz)はMMが16mV、MCが1.8mVで、入力インピーダンスはMMが47kΩ、MC(半導体)が1kΩ/500Ω/100Ω、MC(トランス)が1kΩ/500Ω/100Ω。

ゲインはMMが49±1dB、MC(半導体)は68±1dB、MC(トランス)が68±1dBで、出力レベルはXLRが2.0V(150Ω)、RCAが1.0V(75Ω)。RIAA偏差はMMで47kΩ、MC(半導体)が1kΩ/500Ω/100Ω、MC(トランス)が1kΩ/500Ω/100Ωとなり、全高調波歪率は0.0068%。SN比はMMで71dB、MC(半導体)で62.3dB、MC(トランス)で59.2dB、チャンネルセパレーション(10kHz)が-82dB。

関連記事