SRC/DACを独立して搭載し音質追求

Oriolus、4.4mm出力搭載のBluetoothレシーバー「Oriolus1795」。USB-DACとしても利用可能

編集部:杉山康介
2019年12月04日
(株)サイラスは、Oriolusブランド初となるBluetoothレシーバー「Oriolus1795」を12月13日より発売する。価格はオープンだが、30,000円前後での実売が予想される。

「Oriolus1795」

音質へのこだわりとして、Bluetoothチップセット内蔵のパーツとは別に、サンプリングコンバーター(SRC)とDACを独立して搭載。SRCには「AK4125VF」、DACには「PCM1795」を採用し、Bluetoothで受信した信号を192kHz/24bitにアップサンプリングした上でアナログ変換を行う。

本機の回路図。Bluetoothチップとは独立してSRC/DACを搭載する

BluetoothはVer.5.0、コーデックはLDAC/AAC/SBCに対応しており、出力端子は3.5mmステレオミニと4.4mmバランスの2種類を搭載。それぞれの最大出力(32Ω)/SN比/全高調波歪率は、3.5mm端子が150mW+150mW/108dB/0.008%、4.4mmバランス端子が220mW+220mW/112dB/0.006%となる。推奨ヘッドホンインピーダンスは8〜160Ω。

出力端子は3.5mm/4.4mmの2種類を搭載する

充電およびデジタル入力端子としてUSB Type-Cを採用しており、PCと接続することでUSB-DACとしても使用可能。その他、NFCペアリング機能、ワイヤレス充電機能にも対応する。連続再生時間は最長約7時間(AAC/SBC接続時)。外径寸法は50.7W×95.9H×15.4Dmmで、質量は約109g。

関連リンク