オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
NANOCOMPOとスピーカーをセットにした「Mariage Elle」も

Olasonic、システムのワイヤレス化を実現するLDAC/aptX HD対応のBTレシーバー「NA-BTR1」

編集部:押野 由宇
2018年10月05日
インターアクションは、Olasonicブランドより、LDACやaptX HD対応のBluetoothレシーバー「NA-BTR1」、およびNA-BTR1に “NANOCOMPO” シリーズのプリメインアンプ・CDプレーヤーとMONITOR AUDIO製スピーカーをセットにした「Mariage Elle」を、11月1日に発売する。価格はオープンだが、NA-BTR1が18,000円前後、Mariage Elleが200,000円前後での実売が予想される。

「NA-BTR1」(ブラック)

NA-BTR1は、同ブランドのBluetoothスピーカー「IA-BT7」にも搭載された自社開発モジュールを採用したBluetoothレシーバー。バージョンは4.2、プロファイルはA2DP、AVRCPをサポートし、コーデックはLDAC、aptX HD、aptX、AAC、SBCに対応。「最高音質のBluetoothレシーバーに仕上がった」とアピールされている。

出力系統はアナログRCA、RCA同軸デジタル、光TOSの3系統を備えており、384kHz/32bit対応のDAコンバーターを採用することでアナログ出力においても高音質化を追求。幅広いシステムへと組み込むことができる。

NA-BTR1の背面端子部

電源部では各回路ブロックごとの独立電源回路で徹底的に干渉を排除するとともに、大容量コンデンサーを多数使用することで、電源の安定化が図られている。

また対応機器をかざすことでBluetooth接続が行えるNFC機能の搭載や、電源オン/オフ、Bluetooth接続や接続履歴の消去などがワンボタンで操作できるよう、使い勝手にも配慮した。

天面に操作ボタンを備える

Bluetooth伝送帯域は44.1Hzサンプリング時は20Hz〜20kHz、LDAC 96kHzサンプリング/990kbps再生時は20Hz〜40kHz。外形寸法は100W×30H×100Dmm、質量は約122g。カラーはブラックとホワイトの2色をラインナップする。

「NA-BTR1」(ホワイト)

Mariage Elleは、NANOCOMPOのCDプレーヤー「NANO-CD1」、USB DAC内蔵プリメインアンプ「NANO-UA1a」、に、MONITOR AUDIOのスピーカー「Radius Series 90」、そしてNA-BTR1をセットにしたオーディオシステム。カラーはホワイトが用意される。

「Mariage Elle」

NANO-CD1は世界最小サイズを謳う据え置き型CD再生機で、CD専用ドライブメカ採用により音質と信頼性の向上を図った。スロットインチャッキング方式で、縦横自由に設置できる点も特徴。出力はデジタル専用で、44.1/88.2/96kHzのサンプリング周波数切替が可能となっている。外形寸法は149W×33H×149Dmm、質量は1,200g。

NANO-UA1aは独自のSCDS方式電源を搭載したプリメインアンプ。USB DACを内蔵し、最大DSD 5.6MHz、PCM 192kHzまでの再生が可能。4Ωスピーカーまで対応し、出力は26W+26Wを実現する。外形寸法はNANO-CD1と同じく149W×33H×149Dmm、質量は940g。

Radius Series 90は、MONITOR AUDIOの2ウェイ・バスレフ型ブックシェルフスピーカー。25mmのゴールドドーム・C-CAMトゥイーターと100mmのC-CAMミッド/バスドライバーを搭載し、周波数特性は80Hz〜35kHzを実現。カラーはMariage Elleの特別色サテンホワイトとなっている。外形寸法は125W×198H×140Dmm、質量は2,100g。

「Radius Series 90」は特別なサテンホワイト仕上げ

ほか、システムのセッティングに必要なスピーカーケーブル「NA-SPC100」および角型光デジタルケーブルを同梱。NA-SPC100は音質を吟味したとする芯径2.5mmのケーブルで、金メッキ仕様のバナナプラグを装備。ケーブル長は1.0m/ペア。また光デジタルケーブルの長さは0.5mとなる。

関連リンク

関連記事