オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
「Brooklyn DAC+」も不具合修正、仕様変更アップデート

MYTEK、「Manhattan DAC II」のS/PDIF、AES/EBU、SDIF入力精度を向上するアップデート

編集部:杉山康介
2019年12月24日
エミライは、同社が取り扱うMYTEK Digital製USB-DAC「Manhattan DAC II」および「Brooklyn DAC+」のファームウェアをアップデート。Manhattan DAC IIは「v2.30」、BROOKLYN DAC+は「v1.26」の提供を開始した。

「Manhattan DAC II」

「Brooklyn DAC+」

今回のアップデートにより、Manhattan DAC IIはS/PDIF入力ならびにAES/EBU入力、SDIF入力の精度や、DSD再生時のレベルメーターの動作精度、使用中のデジタル入力信号の状況を検知する精度が向上。加えて電源投入後にAES/EBU入力が「no lock」表示となる不具合やメニューの表示内容、USBデバイス名の表示内容、Roon経由でストリーミング信号を受けた際にビット数が正しく表示されないことがある不具合の修正が行われている。

BROOKLYN DAC+はUSB入力使用時に外部の機器との同期が外れることがある不具合の修正が行われたほか、シンプルスクリーンモードを使用した際の「dB」の表示位置の調整が行われている。

関連記事