オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
独自の「高純度銅線6N-OFC+OFC」導体採用

オーディオテクニカ、オーディオ専用設計“A2DCコネクター”採用のリケーブル

編集部:伊藤 麻衣
2016年10月13日
オーディオテクニカは、同社製のヘッドホンに最適なチューニングが施されたヘッドホン/イヤホン用リケーブル計4製品を11月25日から発売する。

■ヘッドホン用リケーブル
・「HDC1133/1.2」¥OPEN(予想実売価格14,000円前後)
推奨機種:ATH-MSR7 / ATH-WS1100 / ATH-AR5

HDC1133/1.2


・「HDC113A/1.2」¥OPEN(予想実売価格10,000円前後)
推奨機種:ATH-SR9 / ATH-ES750 / ATH-ESW950

HDC113A/1.2


■イヤホン用リケーブル
・「HDC313A/1.2」¥OPEN(予想実売価格13,000円前後)
推奨機種:ATH-LS400 / ATH-LS300 / ATH-LS200 / ATH-LS70 / ATH-LS50

HDC313A/1.2


・「HDC213A/1.2」¥OPEN(予想実売価格12,000円前後)
推奨機種:ATH-CKR100 / ATH-CKR90 / ATH-CKS1100

HDC213A/1.2


いずれも、導体は高純度銅線6N-OFC+OFCの独自構成を採用。長さ1.2mのケーブルには、ノイズ抑制や取り扱いやすさを向上させる工夫が施されている。プレーヤー側のプラグ部は金メッキを施したφ3.5mmステレオミニプラグ。高剛性アルミニウムによるスリーブにはローレット加工を施し、制振性と扱いやすさに配慮している。

HDC113A/1.2 / HDC313A/1.2 / HDC213A/1.2は、ヘッドホン側のコネクターに、オーディオ向けに専用設計された独自の「A2DC(Audio Designed Detachable Coaxial)コネクタープラグ」を採用している。なお、最上位モデルのHDC1133/1.2は、φ3.5mm金メッキステレオミニプラグとなる。その他の製品詳細は下記の通り。

HDC1133/1.2のケーブルは、撚り線構造を採用。シースは、手触りが良く絡みにくいという布巻シース。

HDC113A/1.2は、ツイスト構造のケーブルを採用。シースは、HDC1133/1.2と同様に手触りが良く絡みにくいという布巻シースだ。

HDC313A/1.2のケーブルは、ツイストの構造を採用。イヤホン側はフレキシブルワイヤーにより、耳かけにも対応する。シースには柔軟性があり取り回しやすい透過性PVCを採用した

HDC213A/1.2は、ツイスト構造のケーブルを採用。シースは柔軟性がある透過性PVCで、取り回しやすさに配慮している。

関連リンク

関連記事