4月15日に発売

オーディオテクニカ、楽器向けモニターイヤホン3機種。トリプルBAの「ATH-E70」など

編集部:小澤 麻実
2016年01月22日
オーディオテクニカは、楽器マーケット向けの新モデルとして、モニターイヤホン「ATH-E70」「ATH-E50」「ATH-E40」をNAMM Showにて発表した。日本でも4月15日に発売する。

ATH-E70 ¥OPEN(予想実売価格48,000円前後)


ATH-E70
モニタリング用に最適化された低中高3基のバランスド・アーマチュアドライバーを搭載。集中力を高め、より良いパフォーマンスを引き出す優れた遮音性と筐体デザインを備えているという。ケーブルは脱着可能。コネクターは同社独自開発のA2DCコネクターとなる。

再生周波数帯域は20〜19,000Hzで、出力音圧レベルは109dB/mW、インピーダンスは39Ω。プラグ部は金メッキを施したL型3.5mmステレオミニ。付属品として、コンプライ製イヤチップに加え、XS/S/M/Lのシリコンイヤーチップやφ6.3mm変換プラグアダプター、キャリングポーチも用意する。


ATH-E50 ¥OPEN(予想実売価格24,000円前後)


ATH-E50
フルレンジ対応のシングルBAドライバーを搭載したモデル。こちらも遮音性の高いデザインとしている。ケーブルはA2DCコネクターによる脱着が可能だ。

再生周波数帯域は20〜18,000Hzで、出力音圧レベルは107dB/mW、インピーダンスは44Ω。こちらも、プラグ部は金メッキを施したL型3.5mmステレオミニ。付属品としてXS/S/M/Lのシリコンイヤーチップやφ6.3mm変換プラグアダプター、キャリングポーチが用意されている。


ATH-E40 ¥OPEN(予想実売価格12,000円前後)


ATH-E40
本機のみダイナミック型ドライバーを搭載したモデル。オーディオテクニカ独自開発のモニタリング用デュアルフェーズ・プッシュプル・ドライバー(φ12.5mm×2)を搭載している。ケーブルはA2DCコネクターによる脱着が可能だ。

再生周波数帯域は20〜20,000Hzで、出力音圧レベルは107dB/mW、インピーダンスは12Ω。付属品は上位機種と同じくXS/S/M/Lのシリコンイヤーチップやφ6.3mm変換プラグアダプター、キャリングポーチが用意されている。


モニターヘッドホンに限定色「ATH-M50xMG」登場


ATH-M50xMG
また、モニターヘッドホン「ATH-M50」に台数限定色となる「マットグレー」が登場する。発売は2月19日。価格はオープンだが、通常モデルと同じく2万円前後での販売が予想される。

ドライバーには45mm口径のCCAWドライバーを搭載。出力音圧レベルは99dB/mWで、再生周波数帯域は15Hz〜28kHz、最大入力は1,600mW。インピーダンスは38Ωとなる。

関連記事