カテゴリー別ナンバーワンメーカーを発表

'15上半期は4Kテレビ市場が500%以上の伸び。トップシェアはソニー − BCN発表

編集部:小野佳希
2015年07月24日
BCNは、同社が集計している「BCNランキング」に基づき、主要なカテゴリーについて、2015年上半期に最も販売数量が多かった「上半期No.1メーカー」を発表した。

同社では今年上半期のデジタル家電市場について、「昨年4月の消費税増税やWindows XPのサポート終了を前にした駆け込み購入の反動減に見舞われた」と説明。この1-6月の販売台数前年同期比でプラスになったのは、今回集計した全120カテゴリのうち、わずか22にとどまったという。

こうしたなかで、前年同期比で最も伸びたのは4Kテレビで501.5%。50型前後で4Kとしては比較的小型で手頃なモデルが販売を加速させた。また、SIMフリースマートフォンも342.3%と大幅に伸びた。

そのほか、ワイヤレススピーカーが140.5%、アクションカムが122.3%と好調。デジタルカメラは前年を下回っている一方、三脚・一脚(112.2%)や交換レンズ(110.3%)といったカメラの周辺製品は2ケタ成長が継続している。また、このところ大きな前年割れを続けていたデスクトップPCは、上半期では64.6%と低調に終わったものの、6月の前年同月比では107.6%と久々に前年を上回った。各社がスティックタイプで安価な製品を発売したことが寄与しているという。

メーカー別の販売数量シェアにおけるテレビ関連では、4Kテレビでソニーが30%でトップ。液晶テレビはシャープが40インチ以上(36.9%)、40インチ未満(41.8%)のシェアでトップを獲得した。

BDレコーダーはパナソニックが34%でトップ。BDプレーヤーは35.1%でオンキヨー&パイオニアがトップシェアだった。

サウンド関連では、スピーカーシステムはオンキヨー&パイオニアが31%でトップ。ヘッドホン・イヤホンはオーディオテクニカが25%のシェアでナンバーワンメーカーとなった。そのほか、ホームシアターシステムとホームシアターラックシステムはともにソニー、AVアンプはヤマハがトップシェアだった。

アクションカムは、4K対応のHERO4シリーズが貢献しGoProが31.9%のシェアでナンバーワンを獲得。デジタルカメラ(ミラーレス一眼)は32.9%でオリンパス、デジタルビデオカメラは、36.5%でパナソニックがそれぞれトップの座を獲得した。そのほか詳細はBCN公式サイトで確認できる。

関連記事