オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

LINN、ネットワークオーディオプレーヤー「MAJIK DSM」にHDMI端子を搭載しリニューアル

ファイル・ウェブ編集部
2012年04月04日
リンジャパンは昨年秋に発表したネットワークオーディオプレーヤー「MAJIK DSM」にHDMI端子を搭載し、新型「MAJIK DSM」として改めて5月初頭に発売する。価格は税込で472,500円(税込)。


MAJIK DSM
カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色が揃う。

リンでは昨年秋に、「MAJIK DS-I」を「MAJIK DSM」に名称変更したが、その際に搭載されていなかったHDMI端子をアップデートにより4系統装備し、今回改めて新世代機として発売する。従来通り「DYNAMIK power supply」や「CHAKRA technology」をサポート。「Davaar5」で可能になったPCからのストリーミング再生機能や、WiFiによるモバイル音源ストリーミング機能なども対応する。

またMAJIKシリーズ(DS/DSM/I/パワーアンプ)の仕様変更についても発表され、メインスイッチのフロント底面への位置変更やこれに伴う脚部の高さサイズ変更、フロントパネルセンター部のルックス変更などが行われる。

DSMシリーズで採用された新型リモコン「LINN HANDSET」が、LINN製品の全てに採用されることも発表となり、DSシリーズやプリアンプにも新型「Slimline Handset」が付属する。

その他、「AKURATE TUNER」「KISTO」「KINOS」「KLIMAX 340A」の生産完了も発表された。
新着記事を見る
  • ジャンルネットオーディオプレーヤー
  • ブランドLINN
  • 型番MAJIK DSM
  • 発売日2012年5月
  • 価格¥472,500(税込)

関連記事