オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
XLR 4pin×2、6.4mm×2など

クロスゾーン、頭外定位ヘッドホン「CZ-1」専用のバランス接続ケーブル 3機種

編集部:小澤貴信
2018年03月12日
トライオードは、同社が販売するCROSSZONE(クロスゾーン)より、頭外定位ヘッドホン「CZ-1」(関連ニュース)専用のバランス接続ケーブルを4月2日より発売する。ラインナップは以下の通り。

・「CZ-BC15XLR3」(XLR 3pin端子×2)¥30,000(税抜)
・「CZ-BC15XLR4」(XLR 4pin端子×1)¥30,000(税抜)
・「CZ-BC15PH2」(6.3mm標準端子×2)¥30,000(税抜)

「CZ-BC15XLR3」

「CZ-BC15XLR4」


「CZ-BC15PH2」

いずれも長さは1.5m。ツイスト構造のOFCリッツ線、網組チューブの制振スリーブによるケーブルを採用する。ヘッドホン側の端子はいずれも3.5mm 4極端子×2となる。

アンプ側のプラグ仕様(ピンアサイン)は、CZ-BC15XLR3が1番:無、2番:HOT、3番:COLD。CZ-BC15XLR4が1番:L HOT、2番:L COLD、3番:R HOT、4番:R COLD。CZ-BC15PH2がTip:HOT、Ring:COLD、Sleeve:無となる。

CZ-1には1.5mと3.5mの2種類のケーブルが付属されるが、これは前者が3.5mmステレオミニ端子、後者が6.3mmステレオ標準端子のケーブルとなっていた。

関連リンク

関連記事