POLARIS用ケーブルも

ALO audio、MMCX採用の最上位イヤホンケーブル「Gold 16 IEM Cable」。4.4mm端子など3種

編集部:小澤貴信
2018年02月06日
ミックスウェーブは、同社が取り扱う米ALO audioより、フラグシップとなるMMCX端子採用イヤホンケーブル「Gold 16 IEM Cable」3種を2月9日より発売する。

・「Gold 16 IEM Cable - MMCX - 3.5mm」 ¥107,700(税抜)
・「Gold 16 IEM Cable - MMCX - 2.5mm」 ¥107,700(税抜)
・「Gold 16 IEM Cable - MMCX - 4.4mm」 ¥109,500(税抜)

「Gold 16 IEM Cable - MMCX - 4.4mm」

Gold 16 IEM Cableは、計16本の金メッキOFC(無酸素銅)導体を、同社が長年採用し続けてきた特別な編み方を用いて仕上げた最上位イヤホンケーブル。ケーブルのシース(ジャケット)には、PVC製やPE製のシースよりも大幅に優れているという「FEP(テフロン:フッ素樹脂)」を採用。耐熱性、非粘着性、耐薬品性、低摩擦性、絶縁性などで優れた性質を備え、美しい形状を維持しつつ捻れにくく曲げやすいという特徴を備えているという。導体径は18AWG。

また、独自のケーブルデザインにより低インピーダンス化を実現。このケーブル構造は同社が考案したもので、マイクロフォニックノイズを最小限に抑えることが可能になるとのこと。そのサウンドについては「多くのIEMにおいて、バランスの取れたナチュラルなサウンドを実現できる」と紹介されている。

独自のケーブルデザインにより低インピーダンス化を実現

ラインナップは3.5mm端子、2.5mm 4極バランス端子、4.4mm 4極バランス端子の各モデルを用意。イヤホン側の端子はいずれもMMCX端子となる。ケーブル長は約120cm。


また、同じくALO Audioから、Campfire Audioのハイブリッド型イヤホン「POLARIS」向けにデザインされた特注イヤホンケーブル「Litz Copper Earphone Cable」も2月9日から発売される。

・「Litz Copper Earphone Cable - MMCX - 3.5mm」¥OPEN(予想実売価格20,000円前後)
・「Litz Copper Earphone Cable - MMCX - 2.5mm」¥OPEN(予想実売価格20,000円前後)
・「Litz Copper Earphone Cable - MMCX - 4.4mm」¥OPEN(予想実売価格21,300円前後)

「Litz Copper Earphone Cable - MMCX - 4.4mm」

Litz Copper Earphone Cableは、POLARISのために特別に手がけたというイヤホンケーブル。ALO audioが通常ラインナップとして用意している「Litz Wire Earphone Cable」では導体に銀メッキ銅を使用しており外観はシルバーとなっているが、今回のケーブルは銀メッキを施していない純銅の線材を使用。外観をPOLARISの筐体カラーに合わせたブラックで仕上げている。

「POLARIS」と組み合わせたところ

ラインナップは3.5mm端子、2.5mm 4極バランス端子、4.4mm 4極バランス端子の各モデルを用意。イヤホン側の端子はMMCX端子。ケーブル長は約120cm。

関連リンク

関連記事