4.4mm5極プラグはショートタイプを採用

NOBUNAGA Labs、ソニー「MDR-1A/100A」専用の4.4mm 5極バランスケーブル『大千鳥』

編集部:川田菜月
2017年12月19日
WiseTechは、NOBUNAGA Labsブランドより、ソニーのヘッドホン“MDR-1A”対応の4.4mm 5極バランスケーブル「大千鳥」を12月22日から発売する。価格はオープンだが、10,600円前後での実売が想定される。

「大千鳥(おおちどり)」

線材には銀メッキ加工を施した8芯OFC線を採用。解像度の向上を図り、全音域にわたり正確な音色表現を実現するとのこと。

ヘッドホン側の3.5mm 4極プラグはストレート型の同社製「NLP-PRO-IS3.5/4」を採用、コンタクト部には金メッキ処理を施している。対応機種はSONY「MDR-1A」「MDR-100A」。

プレーヤー側の4.4mm5極プラグも同じくストレート型で、同社製「NLP-PRO-TP4.4/5」のショートシェル仕様を採用。金メッキの工程に特殊処理を施し、メッキはがれや酸化侵食などを防止する。対応機種はSONY「NW-WM1Z」「NW-WM1A」「NW-ZX300」「PHA-2A」、およびその他4.4mm5極対応プレーヤーとなる。

4.4mm5極プラグは短めのショートシェル仕様を採用

本格的なクライオ処理を施すことで電気抵抗値を抑制し、S/N比を向上しノイズ・歪みの低減を実現するとしている。長さは120cm、インピーダンスは0.28Ω。
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドNOBUNAGA
  • 型番大千鳥
  • 発売日2017年12月22日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格10,600円前後)
【SPEC】●ケーブル:OFC 8芯・銀メッキ ●ヘッドホン側プラグ:3.5mm4極ストレート型プラグ (NLP-PRO-IS3.5/4) ●機器側プラグ:4.4mm5極ストレート型プラグ (NLP-PRO-TP4.4/5)※ショートシェル仕様 ●インピーダンス:0.28Ω ●クライオ処理:-156℃/72時間 ●ケーブル長:120cm

関連記事