オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
アコースティックラボが11月18日・19日に開催

“音がいい防音ショールーム”でスフォルツァート新ネットワークプレーヤーの試聴会

編集部:小野佳希
2016年11月04日
アコースティックラボは、オーディオ的な響きに配慮して作られた防音室で、スフォルツァートが現在開発中の新ネットワークプレーヤー「DSP-02」を試聴できるイベント「オーディオライブ@蔵前villge」を11月18日(金)・19日(土)に開催する。


日時
・11月18日(金) 19:00〜21:00 
・11月19日(土) 13:00〜15:00

・会場
蔵前Village内 アコーステックラボ新試聴室
(台東区柳橋2-19-10 第二東商センタービル2号館B棟1階)

同社が毎月行っている試聴会「アコースティックオーディオフォーラム」の番外編。上記のようにスフォルツァートが開発している新ネットワークプレーヤー「DSP-02」を市販化に先駆けて体験することができる。なおスピーカーにはB&W802D3を組み合わせる。

「DSP-02」はDACチップにESS9038を採用しつつ、筐体をはじめとしたコストダウンを追究。フラグシップ機の「DSP-01」に迫る音質を追求しながらも、半額ほどの価格を実現する予定のモデルだという。

会場は、オーディオファン向け物件や音楽スタジオなどを多数手がけるアコースティックラボの新ショールーム。“部屋はオーディオ機器の一部”だと考える同社が施工した防音ショールームで製品を試聴できる。

参加はもちろん無料で、現在、公式サイトのメールフォームから参加申し込みを受け付けている。

関連記事