オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ショールームと市川の音楽サロンにて

真空管オーディオと防音ノウハウを体感できる試聴会が今週末に開催

編集部:小野佳希
2016年10月24日
アコースティックラボは、真空管オーディオをテーマにし防音工事のノウハウなどを体感できる試聴会「第34回Acoustic Audio Forum」を今週末10月28日(金)・29日(土)に開催。その詳細情報を公開した。


■10月28日(金)
「魅惑の真空管オーディオを愉しむ会」

・時間:19:00 〜21:00
・会場:同社蔵前ショールーム

■10月29日(土)
「音楽家が奏でるAudio再生とは?」

・時間:14:00 〜16:30
・会場:千葉県市川市 コンサートサロン「レゾナンス」

上記のように28日(金)は同社の蔵前ショールームで19時から、翌29日(土)は千葉県市川市のコンサートサロン「レゾナンス」で14時から開催。28日は「魅惑の真空管オーディオを愉しむ会」と題し、サンバレーの845短管によるブースターアンプでB&Wの「802 D3」と「805 D3」を駆動する。

一方、29日は、同社が施工した市川市の音響サロン「レゾナンス」で出張開催。この物件は、プロのバイオリニストで真空管オーディオのマニアでもあるオーナーで、40人収容可能な空間にTANNOYのSPをセッティングしている。同社では「オーディオの聴き方は十人十色とはいえプロの音楽家のオーディオ観、実際にどのような鳴らし方をしているのかも参考になるのではないか」としている。

また、「実際に施工された現場での開催は、木造住宅であっても十分な音響性能が可能であるとの貴重な体験の会だ」と説明。「是非とも足をお運び頂けますよう、お待ちしております」としている。

参加はもちろん無料だが事前の申込みが必要。公式サイトのメールフォームから参加申し込みや問い合わせを受け付けている。

関連リンク

関連記事