オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ORPHEUSのSACDプレーヤーも

【TIAS】アッカ、YG ACOUSTICSスピーカーとKRELLアンプでデモ。4K対応サラウンドプロセッサーも

編集部:小野佳希
2016年09月30日
ハイエンドオーディオの各ブランドが集う「2016東京インターナショナルオーディオショウ」が開幕した。アッカのブースには、YG ACOUSTICSのスピーカー「Hailey 1.2」とKRELLのアンプを組み合わせての音出しデモを行うほか、4K対応のHDMI機能付きサラウンドプロセッサー「Foundation 4K UHD」も出展している。

デモのシステム

音出しデモのシステムには、プリメインアンプ「Digital Vanguard」やプリアンプ「Illusion」、ステレオパワーアンプ「Duo 300」にDAC「Vanguard Universal DAC」といったKRELL製品と、ORPHEUSのSACDプレーヤー「SACD HE/P」を用意。上記のようにYG ACOUSTICSのスピーカー「Hailey 1.2」と組み合わせてのデモを行っていた。

YG ACOUSTICS「Hailey 1.2」

KRELLの各製品でドライブ

そしてKRELL「Foundation 4K UHD」は、ソニーの4Kサーバーとの接続に対応したサラウンドプロセッサー。HDMI 2.0およびHDCP 2.2に対応し、価格は135万円。

KRELL「Foundation 4K UHD」

なお、ORPHEUSはユキムが輸入を行い、アッカが販売代理店を担当。アッカブースでは上記のように「SACD HE/P」をデモに使用しているほか、プリアンプ「Classic TWO V2」などの製品展示も行っている。また、ユキムのブース(関連ニュース)で超弩級ミュージックサーバー「Absolute Media Sarver」などが展示されていることも告知していた。

関連記事