オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
LINE IN入力時のみ

ティアック「UD-503」、一部製品でMUTEを押すと音声出力が最大になる不具合。無償修理実施

編集部:伊藤 麻衣
2015年09月08日
ティアックは、USB-DAC/ヘッドホンアンプ「UD-503」(関連ニュース)について、LINE INへのアナログ信号入力時にミュート機能が誤動作する不具合があると発表した。

UD-503

誤作動の内容は、LINE INから入力したアナログ信号の再生時にリモコンの「MUTE」ボタンを押すと、LINE OUT(RCA、XLR)の出力およびヘッドホン出力が最大になるというもの。なお、デジタル音声入力(USB/光/同軸)ではこの問題は発生しない。

これに対し同社修理センターは、無償でミュート回路制御プログラムの書き換えを行う。対象となるのはSERIAL NO.(製品機番)が「0010001」〜「0049999」の製品。SERIAL NO.(製品機番)は、本体背面の右下に表示されている。

該当する製品を所有している場合は、下記の問い合わせ先まで連絡するよう呼びかけている。

SERIAL NO.(製品機番)は本体背面の右下に表示

なお、対象製品のユーザーには、同社からのお詫びとして、e-onkyo musicハイレゾ音源クーポン(15曲分 約5,000円相当)が製品返却時に送られる。ただし、クーポンについては2015年12月末日までに連絡したユーザーが対象になる。

なお、以下の写真の識別シールが貼られているものは対策済みで、今回のプログラムの書き換えは必要ない。また今後の生産品は、SERIAL NO.(製品機番)0050001以降となり、全て対策品となるため、製品本体と梱包箱の識別シールは貼られない。


【問い合わせ】
ティアック修理センター
受付時間:日、祝日、休業日を除く9:30〜17:00
Tel:0570-000-501(ナビダイヤル)
PHS/IP電話からはこちら
Tel/04-2901-1033

関連記事