オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
USBメモリーやディスクもハイレゾ対応

デノン、11.2MHz DSD対応のUSB-DAC搭載SACDプレーヤー「DCD-SX11」。価格は36万円

編集部:小澤貴信

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2015年09月01日
シャーシ強化とパーツ配置の最適化で振動対策も徹底

デノンの上位クラスHi-Fiコンポーネントでお馴染みの「ダイレクト・メカニカル・グラウンド・コンストラクション」を本機も採用。これは、ディスクの回転や電源トランスにより内部で発生する振動や、スピーカーの音圧による空気振動が再生機器に伝わることで起こる音楽信号の劣化を効果的に防ぎ、繊細な音楽信号への影響を排除するための振動抑止構造のことだ。

DCD-SX11の筐体内部

「ダイレクト・メカニカル・グラウンド・コンストラクション」による振動抑止構造を追求した

DCD-SX11においては、自ら振動する電源トランスをフットの間近に配置することで振動を直接グラウンドへと逃がし、周辺回路への不要な振動の伝搬を防止する。また、最も大きな質量を持つドライブ・メカニズムをシャーシ中央の低い位置に配置することで低重心化を図り、ディスクの回転による内部的な振動や外部から受ける振動にも強い構造を実現。シャーシは、1.2mm厚のメインシャーシに1.6mm厚スチールプレートを3枚追加した4層構造とすることで、高い剛性と十分な質量を確保。外部からの振動エネルギーを遮断している。

堅牢なドライブ・メカニズムや電源トランス、シャーシの大きな重量を支えるフットには、十分な剛性、質量、振動減衰特性を備えた鋳鉄製フットを採用。接地面にフェルトを用いることで、防振効果をさらに高めている。

本機はアンバランス出力端子に加えバランス出力端子を搭載。バランス端子は3ピン構造のため、音声信号を平衡信号で伝送でき、外来ノイズの影響を少なくすることが可能。2番ホットと3番ホットを切り替える極性切替にも対応する。

入力はUSB-B、USB-Aに加えて、同軸/光デジタルを各1系統搭載。アナログ出力はXLR/RCAを各1系統、デジタル出力も同軸/光デジタルを各1系統を備えている。消費電力は31W。外形寸法は434W×137H×404Dmm、質量は21.4g。

(編集部:小澤貴信)

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連リンク

関連記事