3名のオーディオ評論家がDCD-SX1のサウンドに迫る

デノン「DCD-SX1」連続レポート - 大橋伸太郎が“マイフェイバリットCD”をSX1で聴き尽くす

大橋伸太郎

前のページ 1 2 3 次のページ

2013年12月04日
ディスク再生は今なお進化している。DCD-SX1は改めて多くのオーディオファイルにディスクのポテンシャルと魅力を認識させた。では、オーディオ評論家は本機をどう見るのか。3名のオーディオ評論家がそれぞれの視点からDCD-SX1のサウンドに切り込む本企画。大橋伸太郎は“歴代マイフェイバリットCD”を大量持参し、DCD-SX1と弊社試聴室に閉じこもったのだった。

デノン「DSD-SX1」

■DCD-SX1のサウンドに、歴代のお気に入りのCDを聴き返したくなった


自他共に認める“ディスクコレクター”の大橋伸太郎氏が、歴代マイフェイバリットCDを多数持参し、DCD-SX1でとことん聴いた
とりもなおさず素晴らしいオーディオ機器に巡り会った時とは、自分の持っているお気に入りのディスクを全て聴き直してみたい気持ちに駆られるものだ。DCD-SX1はまさに“デノンの集大成”と言える素晴らしいSACDプレーヤーである。この極上のディスクプレーヤーによって私のフェイバリットCDを本機で聴き直すことで、その魅力を再発見してみようと思ったのである。

ハイレゾ配信が幅を利かす今、なぜ「CD温故知新」なのか。忘れてはならないのは、CDやSACDなどのパッケージソフト自体も、その再生技術も休みなく進歩し続けているということである。リマスター盤なら、最新スペックのディスクプレーヤーで聴く方が改善効果を確認できるだろう。旧発CDを再生した時の音質も、最新のディスクプレーヤーで再生した方が情報の引き出しが多い。

デノンDCD-SX1は、数々のアワードを授賞した「DCD-SX」をベースに新しい技術を盛り込んだ32bit対応モデルの第二世代である。「DCD-SX」のクオリティを引き継ぎながら、DCD-SX発売後の5年間のデジタル技術の進歩と時代環境への対応を実現したのである。現時点での最新の技術成果を最も豊かに盛り込んだディスクプレーヤーであるDCD-SX1が新旧CDの音楽をどう聴かせるか、興味は尽きない。

■ファイル再生では味わえないビートルズの剛直さを再現

中学生のとき最初に買ったロックレコードは、ご多分に漏れずザ・ビートルズである。当時は現役末期だったとはいえ、ビートルズの新譜の発売は一種のイベントだった。二千円を握り締めてレコード店に行った日、店の壁一面を飾っていた新譜LP『ヘイ・ジュード』を私は買ってしまった。1970年春のことだ。『ゲット・バック』(『レット・イット・ビー』として発売)の発売中止を埋めるために米キャピトルが発売した編集盤である本作は、ビートルズ現役中に発売されたLPの中で最もつまらないものである。最初の1枚が傍流の編集盤だったことを私は後に恥じたのだが、中年になって聴き返すと、綺羅星の如き不滅の名曲がそろっていて結構いい。

ザ・ビートルズ『パスト・マスターズ vol.1&2』(TOCP-71015 ユニバーサルミュージック)

このアルバムのCDは発売されていないが、その代わりと言えるのがCD『パスト・マスターズVol.1/2』である。今回はリマスター盤をDCD-SX1で聴いてみた。情報量が多く、モノラル収録の曲でも音場に奥行きがあり非常に立体感に富む。S/Nが非常に高く、ボーカルや楽器の質感が非常に高い。「レイン」はオクターブを往来するポールの特徴的なベースプレイと絶妙なモタレ感が鮮明。音の芯を見事に捉えている。DCD-SX1で本作を聴いて「よく出来たCDで聴く音楽には、ネットオーディオでは代えがたいものがあるな』と改めて実感した。低音が厚く鮮明なのだ。ある意味、CDメディア特有の音作りだが、蒸留水の如きネットオーディオで味わえないクラシックロックの剛直さがここにある。

あの名盤の印象がDCD-SX1で聴いて大きく変わった

前のページ 1 2 3 次のページ

関連記事