オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
「クアッドダクトエンジン」など搭載。直販限定

ケンウッド、6年半ぶりのヘッドホン新製品。ハイレゾ対応「KH-KZ3000」など2機種

編集部:小野佳希
2015年08月06日
JVCケンウッドは、ケンウッドブランドとして6年半ぶりとなるヘッドホンの新製品「KH-KZ3000」と「KH-KZ1000」、イヤホン「KH-CRZ700」と「KH-CRZ500」の計4製品を8月29日より直販限定で発売する。本稿ではハイレゾ対応のヘッドホン2モデルについて紹介する。イヤホン2モデルについては別項で紹介している。また、レビュー記事(KH-KZ3000KH-KZ1000)も別項で掲載している。

KH-KZ3000

KH-KZ1000

KH-KZ3000 ¥44,815(税抜)
KH-KZ1000 ¥23,148(税抜)
KH-CRZ700 ¥7,389(税抜)
KH-CRZ500 ¥4,611(税抜)

■直販限定。レース場でミニカー付きセットでの販売も

いずれのモデルも「少し特別な非日常感、身に付けることで自尊心が沸き立つアイテム」をコンセプトに開発され、ヘッドホンの2機種がハイレゾにも対応。アンケートなどでユーザーと密接な対話をしながら販売をしていきたいとの意向から、基本的に直販サイト「ビクターエンタテインメントオンラインショップ」限定での販売となる。

2機種を並べたところ

なお、SUPER GT 鈴鹿(8月29日〜30日)、WTCC ツインリンクもてぎ(9月11日〜13日)、でサーキットプレミアム販売キャンペーンを実施(ツインリンクもてぎでの販売は12日〜13日)。ヘッドホンの2機種については、SUPER GT 鈴鹿では同社が契約しているドライバーの柳田選手が搭乗する車種のミニカーとのセット販売を行い、先着15名には柳田選手のサイン付きミニカーがセットになる。またWTCC ツインリンクもてぎではWTCCミニカーとのセット販売を行うほか、ヘッドホン購入者全員にモータースポーツ向け無線機用ヘッドセット使用のKENWOODロゴプレート(非売品)をもれなくプレゼントする。

直販サイトでは本日より予約受付を開始しており、予約特典として、こちらでも非売品のKENWOODロゴプレートをプレゼントする。また、製品スペシャルサイトもオープンしており、プロモーションムービーなどが公開されている。

■特許出願中技術なども使用した上位機「KH-KZ3000」

「KH-KZ3000」と「KH-KZ1000」のヘッドホン2機種は、いずれもハイレゾに対応するオンイヤー型のヘッドホン。ケーブルは脱着式で、バランス対応の4極プラグを採用している。「クアッドダクトエンジン」やスイーベル機構などを採用している点も共通の特徴。

両機とも着脱式ケーブルを採用

上位機の「KH-KZ3000」は、3つのマグネットとユニットフレーム、およびPENダイアフラムから成る40mmトリプルネオジウムマグネットドライバーを搭載。再生周波数帯域は10Hz〜50kHzで、インピーダンスが56Ω、出力音圧レベルが103dB/1mW。

KH-KZ3000の構造図

「クアッドダクトエンジン」はその名の通り4つのダクトを設けた機構で、それぞれのダクトが異なる周波数の低域を受け持つ。これによってライブ感あふれる豊かな低音を実現するという。

クアッドダクトエンジンでの処理イメージ

これに加え、特許出願中だという「グラスファイバーPAサウンドディフューザー」も搭載。これによって空気を効率的に使用して、より低域の再現性を高めたという。これにより、小型でスタイリッシュなハウジングでありながら低音の強化も両立させたとしている。

グラスファイバーPAサウンドディフューザーの解説

バッフルにはグラスファイバーPAバッフルを採用し、ステンレスリングとアルミニウムリングも使用して制振性に配慮。ピュアサウンドレジスターなどのパーツでも音質向上を図っている。

イヤーパッド

ハウジング部

ハウジング素材にはグラスファイバーポリアミドとアノダイズドアルミニウムを使用。ハウジング形状はオーディオのボリュームからデザインされ、ブランドロゴの「W」の部分に表示されている赤いトライアングルもあしらわれている。併せて、ケーブルの色もレッドにすることでブランドを製品の形として表現した。

ブランドロゴにあるレッドトライアングルをあしらった

ヘッドバンド部にも赤いカラーステッチを施し、スポーティ&ラグジュアリーなカーシートをイメージ。ヘッドバンドの長さを調整するスライダー部の色にもこだわり、グレーにすることでスッキリとした形に収まるように配慮したという。

スライダー部の色やヘッドバンド部のステッチでも高級感を演出

■「KH-KZ1000」もハイレゾ対応

「KH-KZ1000」は、シングルマグネットの40mmネオジウムドライバーを搭載したモデル。再生周波数帯域は10Hz〜48kHzで、インピーダンスが32Ω、出力音圧レベルが105dB/1mW。

KH-KZ1000のハウジング部

KH-KZ3000同様に「クワッドダクトエンジン」を搭載。一方、グラスファイバーPAサウンドディフューザーや制振用のステンレスリングおよびアルミニウムリングを省略することなどによって、KH-KZ3000よりも低価格化させた。

KH-KZ1000の構造図

ハウジングの素材はABS樹脂で、デザインではKH-KZ3000同様にレッドトライアングルなどをあしらった。なおケーブル脱着部キャップの素材が、KH-KZ3000はアノダイズドアルミニウムであるのに対し、本機KH-HZ1000はABS樹脂である点も両機の違いだ。

KH-KZ3000のプラグ(左)とKH-KZ1000のプラグ(右)

そのほかヘッドバンド部はステッチなしのデザインを採用。スライダー部の色はシルバー。

ヘッドバンド部にステッチがない点もKH-HZ3000(左)との違い

スライダー部はシルバー


両機共通の特徴

両機のスペック比較

関連記事