オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
BluetoothやワイドFMにも対応

マランツ、DSDに新対応した4chアンプ搭載ネットワークCDレシーバー「M-CR611」

編集部:小澤貴信

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

2015年07月14日
マランツは、4chデジタルアンプを搭載したハイレゾ対応“ネットワークCDレシーバー”「M-CR611」を8月上旬より発売する。価格は70,000円(税抜)。

Maratz「M-CR611」

M-CR611をB&W「CM1 S2」と組み合わせたところ

本機はM-CR610(関連ニュース)の後継モデル。CD再生に加えて、ハイレゾ対応のネットワーク再生やUSBメモリー再生、AirPlay、Bluetooth、FM/AMラジオと多様なソースを再生可能だ。また、新たにDSD再生にも対応。4chのフルバランス・デジタルアンプを搭載し、バイアンプ駆動や2系統のスピーカー駆動に対応することも大きな特徴となる。Wi-Fiを内蔵し、同社のHi-Fi専用コントロールアプリ「Marantz Hi-Fi Remote」から操作を行うことができる。

背面端子部

プレス向けの説明会では、マランツのマーケティング担当である高山健一氏、そして本機の音質チューニングを担当した澤田龍一氏が登場。それぞれM-CR611の詳細を説明してくれた。以下にその詳細をレポートしていく。

音質チューニングを担当したディーアンドエムホールディングス 澤田龍一氏

マーケティング担当のディーアンドエムホールディングス 高山健一氏

■CDからDSDを含むハイレゾ、Bluetoothまで多彩なソースの再生に対応

本機はディスクドライブを本体に内蔵し、CDの再生が可能。MP3/WMA形式の音楽ファイルを保存したデータディスクの再生にも対応する。さらにDLNA1.5によるネットワーク再生、フロント/リアの2系統のUSB-A端子経由からUSBメモリーやハードディスクに保存した音楽ファイルの再生も可能。ネットワークとUSB-Aはそれぞれ同様のスペック/フォーマットの音楽ファイルが再生できる。

開発試聴室にセッティングされたM-CR611

ネットワーク/USB-Aについては新たに2.8MHz DSDに対応(PCM変換)し、DSF/DFF形式が再生できる。PCMについては192kHz/24bitまでのWAV/AIFF/FLAC、96kHz/24bitまでのApple Lossless再生に対応。そのほかAAC/WMA/MP3の再生も可能だ。DSD/WAV/AIFF/FLAC/Apple Losslessについてはギャップレス再生にも対応する。

USB-A端子をフロント/リアの両方に搭載しているため、「フロントは都度着脱するUSBメモリー再生に用いる」「リアは容量の大きなUSB-HDDを繋ぎっぱなしにしておく」という使い分けもできる。接続可能なUSB-HDDはFAT16/FAT32でフォーマットされているもので、ファイル構成については最大8階層、1フォルダあたりのサブフォルダとファイルの合計は最大5000個までの対応となる。

USBメモリーを使って、ネットワーク再生と同等のフォーマットの音源を再生可能

背面にもUSB-A端子を搭載。大容量ストレージを接続しての再生も視野に入る

USB接続したストレージに保存した音源は、操作アプリ「Marant Hi-Fi Remote」からも選曲できる。なお、USB-A端子はiPhone/iPodとのデジタル接続および充電にも対応している。

AirPlay、インターネットラジオの再生にも対応。従来モデルでは非搭載だったBluetoothも新たに内蔵し、NFCによるワンタッチでのペアリングも可能だ。コーデックはSBC/AACに対応する。高山氏は「Apple MusicやAWA、LINE MUSICなどのストリーミングも、スマートフォンやタブレットで再生してAirPlayやBluetoothで本機へ飛ばせば、高音質で楽しむことができます」とアピールしていた。

BluetoothおよびAirPlay対応でストリーミングサービスも手軽に本機から楽しめる

FM/AMチューナーも内蔵。さらに難聴地域対策や防災対策のためにFM周波数帯域でAM番組を放送するFM補完放送「ワイドFM」にも対応している。

そのほか、光デジタル入力を2系統搭載しており、光デジタル音声出力を備えた液晶テレビと組み合わせることも可能。ヘッドホン出力、サブウーファープリ出力も搭載している。

4ch分の新開発フルバランス・デジタルパワーアンプを搭載

前のページ 1 2 3 4 5 次のページ

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルハイコンポ
  • ブランドMARANTZ
  • 型番M-CR611
  • 発売日2015年8月上旬
  • 価格¥70,000(税抜)
【SPEC】<CDプレーヤー部>●再生周波数特性:10kHz〜20kHz <オーディオアンプ部>●定格出力:50W+50W(6Ω、1kHz、THD0.7%) ●実用最大出力:60W+60W(6Ω、1kHz、THD10%、JEITA) ●適合インピーダンス:4〜16Ω ●入力感度/入力インピーダンス:200mV/22kΩ(Analog In) ●全高調波歪率(1kHz、5W、6Ω):0.1%(Analog In) ●S/N(10W、6Ω、IHF-A):90dB(Analog In) ●周波数特性:5Hz〜40kHz(±3dB) ●音声入力端子:アナログ×1、光デジタル×2 ●音声出力端子:アナログ(固定/可変)×1、サブウーファープリアウト×1、ヘッドホン×1 ●その他端子:LAN×1、USB×2、FM/AMアンテナ入力×1 <Bluetooth>●バージョン:ver.2.1+EDR ●対応プロファイル:A2DP/AVRCP ●対応コーデック:SBC/AAC <総合>●消費電力:55W(待機時0.3W/時計モード・オン時…1W/ネットワーク制御・オン時…3W) ●外形寸法:292W×105H×305Dmm ●質量:3.4kg

関連記事