オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
機能・音質強化のコンパクトコンポ

マランツ、Wi-Fi対応ネットワークCDレシーバー「M-CR610」

ファイル・ウェブ編集部
2013年07月26日
マランツは、ネットワークCDレシーバー「M-CR610」を8月下旬に発売する。価格は69,300円(税込)。

マランツ「M-CR610」

別売りのスピーカー「LS603」との組み合わせイメージ

2010年に発売した「M-CR603」(関連ニュース)の後継機で、機能と音質をさらに向上させた。

またデザインも刷新し、3ピースのフロントパネルやスターマークなど、マランツブランドのデザイン上の特徴を継承した。本体前面には有機ELディスプレイを装備し、日本語表示にも対応し、大きな文字で3行の表示が可能。アーティスト名、曲名、入力ソースなどを一画面に表示できる。

機能面では、Wi-Fi機能を新搭載。Wi-Fiの設定も簡略化し、iOS デバイスのWi-Fi設定を本機にコピーする「Wi-Fi シェアリング」や、WPSに対応した。またオーディオ信号を優先的に伝送し、音切れを起こりにくくする Wi-Fi Multi Media(WMM)にも対応した。

またDLNA 1.5に対応し、AirPlayにも標準で対応するなど、ネットワークオーディオ機能をさらに強化した。

DLNAではハイレゾ音源にも対応し、NASやPC、Androidから192kHz/24ビット音声のストリーミング再生が行える。MP3、WMA、AAC、FLAC、WAV、ALACに対応する。FLAC/WAVは192kHz/24ビット、ALACは92kHz/24ビットまでの音源が再生でき、FLAC/WAVのギャップレス再生にも対応する。

USB入力はフロントとリアの2系統で、iPodとiPhoneのデジタル接続に対応。CDプレーヤーやFM/AMチューナーも装備し、インターネットラジオの聴取にも対応。また光デジタル入力端子も備える。

スマートフォンの操作にも対応。ユーザーインターフェースを一新したリモコンアプリ「Marantz Remote App」が利用できる。また赤外線リモコンもユーザーのインタビュー調査を行って改良。ボタンの数を減らし、機能別にボタンをまとめるなどした。

アンプはバイアンプ対応の4chデジタルパワーアンプで、入力から出力までフルデジタル処理を行う。4chアンプを用いてバイアンプ駆動ができるほか、2組のスピーカーを同時に鳴らすこともできる。最大出力は60W+60W(6Ω)。

赤外線リモコンも改良した

背面端子部。天板と側板を伸ばし、端子が外から見えにくいように工夫した。またスピーカー端子の感覚も広く取り、接続しやすくした

様々な高音質化対策も図っており、基板上のグラウンドラインを最適化。オーディオ回路は左右対処にレイアウトしているほか、電源や信号経路の最短化も図り、低インピーダンス化によるパワーアンプの駆動力向上やノイズ低減を実現したという。

またローパスフィルターには無酸素銅線とマンガン亜鉛コアによるインダクターを採用。温度特性に優れており、安定した性能を発揮できるとしちえる。

スピーカー出力の周波数特性は5種類のプリセットから選択可能。また低音を増強する「Dynamic Bass Boost」機能やトーンコントロール機能も備えている。

本体の外形寸法は292W×112H×303Dmm、質量は3.4kg。

【問い合わせ先】
D&M お客様相談センター
Tel/0570-666-112

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドMARANTZ
  • 型番M-CR610
  • 発売日2013年8月下旬
  • 価格¥69,300(税込)
【SPEC】<CDプレーヤー部>●再生周波数特性:10Hz〜20kHz
<オーディオアンプ部>●定格出力:50W+50W(6Ω、1kHz,THD+N 0.7%) ●実用最大出力:60W+60W(6Ω、1kHz,THD+N 10%) ●入力感度/入力インピーダンス:200mV/22kΩ(Analog In 1/2) ●S/N比:86dB(Analog In 1/2,10W,6Ω、IHF-A) ●全高調波歪率:0.1%(Analog In 1/2、1kHz,5W,6Ω) ●周波数特性:5Hz〜22kHz(Analog In 1/2、±3dB)
<総合>●消費電力:55W(待機時:0.3W) ●外形寸法:292W×112H×303Dmm(最大) ●質量:3.4kg

関連記事