オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
既存モデル「E12A」がベース

FiiO、カスタムIEM向けチューニングした上位ポタアン「E12A」

ファイル・ウェブ編集部
2015年01月09日
オヤイデ電気は、同社が展開するFiiOブランドから、カスタムIEM用のチューニングを行ったポータブルヘッドホンアンプ「E12A」を1月16日に発売する。価格はオープンだが、25,000円前後での実売が予想される。

E12A

既存モデル「FiiO E12(関連ニュース)」をベースに、カスタムIEM向けのチューニングを施し細部をブラッシュアップした製品。E12で狙ったパワフルさはそのままに、SN比を115dB以下と大きく向上させており、カスタムIEM使用時により高音質化を実現するとアピールしている。

オペアンプには新日本無線製「MUSES02」を採用。高性能バッファー「LME49600」との組み合わせにより、接続するカスタムIEMのポテンシャルを最大限に引き出すとしている。

ヘッドホン出力は420mW(16Ω)/400mW(32Ω)/60mW(300Ω)。適応インピーダンスは16Ω〜300Ωで、ゲインが12dB/-1dB。約3時間の充電で最大約20時間の駆動が可能。外形寸法は65.5Wx14.5H×124Dmmで、質量は166g。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドFiiO
  • 型番E12A
  • 発売日2015年1月16日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格25,000円前後)
【SPEC】●S/N比:115dB以下 ●ヘッドホン出力:420mW(16Ω)/400mW(32Ω)/60mW(300Ω) ●適応インピーダンス:16〜300Ω ●ゲイン:12dB/-1dB ●充電時間:約3時間 ●連続駆動時間:最大約20時間 ●外形寸法:65.5Wx14.5H×124Dmm ●質量:166g

関連記事