オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
日本初のバリアフリーCDソフトを発売

ビクター、「点字・大活字解説書」を付属したCDソフトを発売 − クラシックと落語の2シリーズ

Phile-web編集部
2009年11月10日
日本ビクター(株)の関連会社、ビクタークリエイティブメディア(株)と(財)日本伝統文化振興財団は、日本初のバリアフリー企画CD商品として点字の解説書を付属したCDをシリーズ化し、第一弾を11月18日に発売する。


XRCD クラシック・シリーズ

ビクター落語シリーズ
今回発売されるラインナップは、第一弾が11月18日、第二弾が2010年2月17日の発売を予定している。クラシックと落語のタイトルが用意され、クラシックのシリーズにはビクター独自開発の高音質CD「xrcd」を採用している。ラインナップは下記の通り。

<2009年11月18日発売>
・XRCDクラシック・シリーズ<第一弾・5タイトル>/各3,465円(税込)
・ビクター落語シリーズ<第一弾・5タイトル>/各3,000円(税込)

<2010年2月17日発売>
・XRCDクラシック・シリーズ<第一弾・5タイトル>/各3,465円(税込)
・ビクター落語シリーズ<第一弾・5タイトル>/各3,000円(税込)


ビクター落語シリーズのパッケージ内容
それぞれの商品には点字・大フォント活字の解説書が付属しており、視覚障害者や高齢者の方にも“読みながら楽しめる”CDになっている。また専用サイトから音声解説をダウンロードすることも可能だ。商品の音声解説は、発売日より下記サイトからダウンロードできる。

・「XRCD クラシック・シリーズ」 http://www.xrcd.com
・「ビクター落語シリーズ」 http://www.japo-net.or.jp/onsei/

【問い合わせ先】
「XRCDクラシック・シリーズ」について
ビクタークリエイティブメディア(株)マスタリングセンター TEL/045-444-5310

「ビクター落語シリーズ」について
(財)日本伝統文化振興財団 TEL/03-5414-5591

関連リンク

関連記事