オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

<TIAS2007:アキュフェーズ>DP-700やE-350など新モデル4機種を公開

2007年10月05日
アキュフェーズは、今回が初お披露目となる新製品4機種を一挙発表した。順にご紹介していこう。

ステレオプリメインアンプ「E-350」 は11月中旬発売予定で、価格は367,500円(税込)。E-308をフルモデルチェンジした製品で、上位機E-450と同様、AAVA-II方式のボリューム・コントロールを搭載した。パワーアンプ部は、インツスルメンテーション・アンプ構成でバランス伝送化。増幅回路はカレント・フィードバック方式を採る。出力は100W/ch(8Ω時)で、2系統のバランス入力を備える。

E-350

斜めからみたところ

E-350の内部構造

SACDプレーヤー「DP-700」は1,155,000円(税込)で、発売は12月上旬を予定。一体型モデルで、セパレート型の「DP-800/DC-801」をノウハウをすべて投入したモデルとなる。800/801に搭載されたSACDドライブメカや、入力したDSDを5.6448MHz/1bitにアップサンプリングし、1クロックずつ遅延させたDSD信号を8個のDACで変換、それぞれの信号を加算する「MDSD」方式などは、すべて800/801と同じものを採用している。デジタル出力はHS-LINK、同軸デジタル、光デジタルが用意され、アナログはバランス/アンバランスを各1系統装備する。

DP-700

DP-700の内部構造

DP-700に搭載された同社オリジナルのメカドライブ

デジタル・ヴォイシング・イコライザー「DG-48」は、DC-38の後継機。価格は787,500円(税込)で、発売は12月下旬を予定する。DG-38にはアナログ入出力がオプションで用意されていたが、装着しているユーザーが多いことから、DG-48は標準状態でアナログ(バランス/アンバランス)入出力を装備した。またHS-LINK端子も備えている。モニター部はタッチパネルの液晶ディスプレイを装備し、スタイラス・ペンでの各種操作や、好みの特性カーブを描いて入力することなどが可能になった。

DG-48

モノラルパワーアンプ「M-6000」も参考出展ながら展示。価格は未定で、2008年3月の発売を予定する。「M-8000」の後継機で、「8000より安くすることを目標にしたい」(同社説明員)という。構成はパワーMOS FET 16パラレル・プッシュプルで、低インピーダンス時でも安定した出力と、スピーカーの定電圧駆動を実現。出力は1Ω負荷時で1200Wとなる。さらにこの製品をブリッジ接続すると、2Ω負荷時で2400Wの出力が得られる。また、質量が38.5kgと軽量化したことも注目に値する。

M-6000

内部も見ることができる

このほか、プリメインアンプ「E-450」など、最近発表されたモデルはもちろん、同社オーディオ製品のほぼすべてのラインナップを展示。圧巻の内容だった。

新製品を中心にラインナップがズラリと並ぶ

アキュフェーズファンにはたまらない光景だろう


試聴に使われていたスピーカーはウィルソン・オーディオ「System 8」
取材を行った際の同社ブースのデモは、E-450でウィルソン・オーディオ「System 8」をドライブ。ほかにはJBL「DD66000」も置かれていた。

(Phile-web編集部)

関連記事