オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
デジタルにも対応

アクロリンク、ストレスフリー7N Cu導体と4重シールド採用の2芯ケーブル「7N-DA2090 Leggenda」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:成藤 正宣
2021年10月05日
(株)アクロジャパンは、同社ACROLINKブランドから、インターコネクトケーブル「7N-DA2090 Leggenda」を10月15日より発売する。端子/長さのラインナップと税込価格は以下の通り。

【7N-DA2090 Leggenda INTERCONNECT CABLE RCA/XLR】
・1.5m×2:227,700円
・1.0m×2:176,000円
※特注にて延長も可能(0.5m毎に51,700円/2本)

7N-DA2090 Leggenda (RCA/XLR)

【7N-DA2090 Leggenda DIGITAL CABLE AES/EBU】
・1.5m:113,850円
・1.0m:88,000円
※特注にて延長も可能(0.5m毎に25,850円/1本)

7N-DA2090 Leggenda AES/EBU

非常に純度が高く、また独自の“ストレスフリー加工”を施すD.U.C.C.ストレスフリー7N Cu導体を採用した2芯シールド方式のケーブル。非常に純度の高い7N Cu素材と、最新の素材による膨大な試作とリスニングを重ねたシースおよびシールドシステムの組み合わせにより、デジタル/アナログを問わずオーディオ機器本来の再生能力をフルに発揮させるとしている。

芯線はΦ0.26×19本の素線を適切なテンションをかけながら整然かつ高密度により上げ、ホット側とコールド側は相互干渉やノイズを回避するため信号の流れに沿った逆巻仕様。低誘電率を有する高分子ポリエチレンおよびポリオレフィンで被覆する。

また、芯線には極小レベルの帯電とノイズをカットするトライガード糸とシルク糸を沿わせ、タングステンとアモルファス粉体を混合して不要振動を低減したハイブリッド高分子ポリオレフィン系樹脂で被覆。さらに、銅箔テープ/7N Cu高密度網組/Noise BEATテープ/銀メッキ網組のクワッドシールドシステムを施し、耐UV長寿命ポリウレタンで仕上げている。

RCAモデルでは、ピンプラグのホット側にベリリウム銅50、コールド側にリン青銅を採用し、それぞれ2回の磨き上げ後、肉厚銀メッキと高品位ロジウムメッキを施している。またボディにはアルミニウム/カーボンファイバー/超硬ジュラルミンの3種の素材を組み合わせ、不要振動を限りなく抑制したとする。

XLRモデルでは、コネクターのホット側に高品位ダイレクトロジウムメッキ処理を施したテルル銅、コールド側にベリリウム銅50を採用。ボディには無垢材から削り出した真鍮にカーボンファイバーを組み合わせている。

ケーブル直径は11.0mm、導体抵抗は18mΩ/m、静電容量は56pF/m。XLRおよびAES/EBUモデルのインピーダンス特性は110Ω。

関連リンク

関連記事