iFi audio製品との使用を想定

トップウィング、変換ケーブル「White Barrel」に4.4mmプラグ - XLR/RCAジャックモデル

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:松永達矢
2021年02月03日
トップウイングサイバーサウンドグループは、自社ブランドの変換ケーブル「White Barrelシリーズ」から、4.4mm 5極バランスプラグ - XLR(3ピン)メス×2モデル「White Barrel 4.4 XLR-F」、および4.4mm 5極バランスプラグ - RCAメス×2モデル「White Barrel 4.4 RCA」を2月10日(水)より発売する。価格はいずれも18,000円(税抜)。

同社が取り扱うiFi audioブランドの「ZEN CAN」、および「micro iDSD Diablo」との組み合わせを想定した製品となる。

・「White Barrel 4.4 XLR-F」

「White Barrel 4.4XLR-F」

ZEN CANのリアパネルに搭載された4.4mm 5極ライン入力端子を、XLRバランス出力端子を備えたDAC/CDプレイヤー等のソース機器と接続可能にするためのY字ショートケーブル。

現時点で4.4mmアナログライン出力を備えたソース機器は少ないが、本製品を介してZEN CANと従来のバランス出力機器をXLRケーブルで接続することで、活用の幅を広げることができると同社は説明している。

・「White Barrel 4.4 RCA」

「White Barrel 4.4RCA」

ZEN CAN/micro iDSD Diabloが搭載する4.4mm 5極ライン出力と、一般的なRCAシングルエンド機器との接続を可能にするためのY字ショートケーブル。

本製品はコールドオープンの仕様となっているため、接続機器によっては信号を正常に伝送できない場合や、出力機器に想定外の負荷がかかる可能性があるとのこと。同社では接続機器の仕様を確認した上での使用を推奨している。

関連記事