オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
独自の導体を採用するフラグシップ/35周年モデル

ノア、SILTECH「Triple Crown」「Crown」の取り扱いを10月21日から開始

編集部:成藤 正宣
2020年10月16日
(株)ノアは、オランダ・SILTECH(シルテック)ブランドの国内輸入販売業務を開始。ハイエンドオーディオケーブル「Triple Crownシリーズ」「Crownシリーズ」を10月21日より発売する。ラインナップは以下の通り(いずれも税抜)。

ノアがSILTECH「Triple Crown」「Crown」を取り扱い開始

Triple Crownシリーズ
●「Interconnect(XLR/RCA)」(ペア)
・1.0m:2,500,000円
・1.5m:3,500,000円
・2.0m:4,500,000円
・2.5m:5,500,000円
・3.0m:6,500,000円

●「Speaker(Y-lug)」(ペア)
・2.0m:5,500,000円
・2.5m:6,500,000円
・3.0m:7,500,000円

Triple Crown Interconnect(RCA)

Triple Crown Speaker

Crownシリーズ
●「Interconnect(XLR/RCA)」(ペア)
・1.0m:500,000円
・1.5m:650,000円
・2.0m:800,000円
・2.5m:950,000円
・3.0m:1,100,000円

Crown Interconnect(XLR)

Crown Interconnect(RCA)

●「Speaker」(ペア)
・1.0m:700,000円
・1.5m:900,000円
・2.0m:1,100,000円
・2.5m:1,300,000円
・3.0m:1,550,000円
※SILTECHオリジナルスペードプラグまたはWBT製バナナプラグを選択可

●「Phono(5pin DIN-RCA)」(ペア)
・1.0m:360,000円
・1.5m:480,000円
・2.0m:600,000円
・2.5m:720,000円
・3.0m:840,000円
※5pinはストレート型またはL字型を選択可

Crown Phono

●「Jumper Set(Y-Lug)」(4本)
・10cm:110,000円
・15cm:125,000円
・20cm:140,000円
・25cm:155,000円
・30cm:170,000円

●「USB(Type A-Type B)」(1本)
・1.0m:200,000円
・2.0m:265,000円
・3.0m:330,000円
・4.5m:395,000円
・5.0m:460,000円

なお既報の通り、代理店業務は完実電気との間で製品ラインを分割して行う。完実電気では「CLASSIC ANNIVERSARYシリーズ」「EXPLORE SGシリーズ」の2ラインを、ノアでは「Triple Crownシリーズ」「Crownシリーズ」の2ラインをそれぞれ取り扱う。

「Triple Crownシリーズ」は、最新の測定機器によるベンチマークと人間の聴感、どちらのテストでも最高のサウンドを実現したというSILTECHブランドのフラグシップモデル。

導体には、独自開発の単結晶銀「S8」を採用する。銀素材を用いたケーブルに生じてしまう耐久性や音質を損なうマイクロクラック(微小な亀裂)を、ブランドが誇る冶金技術により完全に排除したという素材。音楽信号の純度を完璧に保ったまま、非常に低いエネルギー損失でごく僅かな歪までも最小限に抑えたロスレス伝送を実現するとしている。

S8の特性を最大限発揮させるため、湾曲した状態でも幾何学的/機械的な一貫性を完全に保証するという独自の導体構造「エア・クレードル・コンストラクション」も採用する。押し出し成形の過程でらせん状となったS8導体を、非常に高い剛性を持ちつつ一定方向には柔軟性があるテフロンエアチューブ絶縁体で覆うことで、静電容量を劇的に減少させている。

独自の冶金技術でマイクロクラックを排除した単結晶銀「S8」を採用

テフロンエアチューブ絶縁体を採用することで、高剛性とある程度の柔軟性を両立

また、インターコネクトとスピーカーケーブルの両端には大型ハウジングの「フローティング・シールド・スイッチ」を搭載。組み合わせるシステムに応じてシールド接続のGround/Floatを切り替え、最適化することができる。

コネクターも独自に開発し、RCAやXLRのコネクターピン、YラグにS8を採用。また、RCA/XLRコネクターにはつまみを回すことで端子を上下から締め付ける機構を内蔵する。接点は、独自に開発したツールと銀ハンダにより加圧しながらハンダ付けを行い、信号伝送時の損失を無くしてケーブルのポテンシャルを最大限発揮させるとしている。

システムに応じてシールド接続を切り替えるフローティング・シールド・スイッチを搭載

固定機構を内蔵した独自のコネクターを採用

「Crownシリーズ」は、Triple Crownの技術も取り入れて開発されたブランド35周年記念モデル。種類ごとに異なる導体を用いており、Interconnect/SpeakerはS8導体を採用し、導体量をTriple Crownよりも減らすことで扱いやすさを大きく改善。Phono/Jumper/USBは、純銀導体のマイクロクラックに金を流し込んで埋めた「G7」合金導体を採用している。

Triple Crownの技術も反映した35周年記念のモデル

内部は、Interconnect/Phono/USBが2コア、Speaker/Jumperが4コアのツイストペア構造。各導体はカプトンとテフロンで絶縁し、全体をシリコンとシールドで覆っている。さらにシリコン内部を中空にすることで空気絶縁を行い、徹底的なノイズ対策を施している。

コネクターも独自のものを採用。RCA端子の「SST Connect」、Yラグ端子の「SSP005」にはG7を使用している。

関連記事