6系統のHDMI入力を搭載

オンキヨー、HDMI搭載のネットワークステレオアンプ「TX-8390」。8/30よりクラファン開始

2021/08/18 ファイルウェブ編集部・筑井真奈
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
オンキヨーは、6系統のHDMI入力を搭載、最大出力200W×2のネットワークステレオアンプ「TX-8390(S)」について、8月30日よりGREEN FUNDINGにてクラウドファンディングを開始する。スタート時の価格は89,800円(税込)から。

GREEN FUNDINGにてONKYOの「TX-8390」のクラウドファンディングがスタートする

TX-8390は、「デジタルからアナログまで多様な音源を再生し、使うたびに満足感を感じられることを目指して開発された」としており、強力なクアッドコアSoCによる多彩な機能と、オンキヨーのコア技術であるダイナミックオーディオアンプテクノロジーを融合したステレオレシーバー。

ONKYO「TX-8390」(仕上げはシルバーのみ)

4K/HDRに対応するHDMIは入力は6系統、出力はARC対応を含む2系統を搭載。アナログ入力4系統に加え、フォノ入力も搭載する。デジタル入力はUSB typeA×2(1つはフロント)のほか、光デジタル×2、同軸デジタル×1。スピーカーターミナルは2系統搭載、サブウーファープリアウトも搭載する。フロントにはヘッドホン端子のほか、音場補正用のマイク入力を持つ。

「TX-8390」のリアパネル

ネットワーク再生機能も搭載し、Amazon Music、Spotify、Deezer、Radiko.jp、TuneInなどの音楽ストリーミングサービスに対応する他、MQAやDSDを含むハイレゾ音源の再生にも対応。AirPlay2、Chromecast built-in、Bluetoohに対応。Roon tested、Works with Sonosにも対応するとしている。

最大200Wの出力を生み出す大型電源トランスを採用し、効率的な放熱のために大型押出しアルミニウムヒートシンクを搭載。また、AVアンプで培われた自動音場補正技術「AccuEQ」を搭載しており、スピーカーの距離や出力レベル、クロスオーバー値などを最適化して再生することができる。

音質とデザインを両立した5mm厚の高剛性アルミニウムフロントパネル

ボリュームノブなどには丁寧な質感を重視しアルミ削り出し素材を採用。フロントパネルにも5mm厚のアルミニウムを採用し、デザインと不要振動を発生させない音質の両立を実現。リモコンも同梱されるが、Googleアシスタント、Siri、Alexaからのボイスコントロールにも対応する。

質感を重視したアルミ削り出しのノブ

DACチップにはAK4458を搭載。実用最大出力は200W×2、定格出力は135W×2。サイズは435W×174H×383Dmm、質量は11.8kg。

なお、製品発売に先駆け、東京両国の「ONKYO BASE」にて試聴体験会を予定している。試聴体験会の詳細は後日発表するとしている。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク