ネットワーク経由/USBメモリからアップデート可能

オンキヨーとパイオニアのAVアンプ3モデルがHDMI2.1規格のALLMに対応

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:杉山康介
2020年12月22日
オンキヨーホームエンターテイメントは、昨年発売したオンキヨー/パイオニアブランドのAVレシーバーのファームウェアアップデートを実施。これにより、対象機がHDMI2.1規格のALLM(自動低レイテンシーモード)に対応することを発表した。

TX-RZ840

対象となるのは、オンキヨーブランドの「TX-RZ840」「TX-NR696」、パイオニアブランドの「VSX-LX304」の3モデル。アップデートはネットワーク経由もしくはUSBメモリを使用するかたちで行う。

ALLMは対応する送出/受信機器を接続することで、各アプリに最適なレイテンシーを受信機側で自動設定する機能。ユーザーが手動で切り替えをする必要なく、連続的なコンテンツの視聴やインタラクションが可能になる。また、同社機器はALLM時にDSPによりリップシンクの最適化を行うため、映像と音声のズレが最小限に調整された状態で各アプリで楽しめるとしている。

関連記事