オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
使用機器とのマッチングを考慮したカラバリ追加

テクニクス、ターンテーブル「SL-1200MK7」に新色シルバー。5/21発売

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:松永達矢
2021年04月22日
パナソニックは、Technics(テクニクス)ブランドのターンテーブル「SL-1200MK7」のカラーバリエーションとして、シルバーモデルを5月21日(金)から発売する。価格は99,000円(税込)。

「SL-1200MK7」シルバー

2019年に発売されたSL-1200MK7は、「SL-1200MK6」以来、約11年ぶりとなる「SL-1200MKシリーズ」の新モデルとして登場。

ボタンレイアウトやプラッターの慣性質量など、DJパフォーマンスに影響する仕様はSL-1200MKシリーズを踏襲しながら、新生テクニクスの開発で培われた技術を用いて音質を追求。トルク・ブレーキスピードの調整や逆回転再生といった機能も新たに搭載している。

カラーバリエーションとしてシルバーを追加

今回カラーバリエーションとしてシルバーモデルを追加する背景の一つとして、クラブや自宅からの動画配信が増加するなかで、ミキサーなどのDJ機器やアンプなどのコンポーネントとターンテーブルの色を合わせたいという要望に応えたと同社は説明。発売中のブラックに加え、シルバーとの2色を展開することで、ユーザーの使用する機器とマッチする色を選ぶことができるとアピールしている。

シルバーとブラックから選べるように

関連記事