オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ヒノ・エンタープライズが取り扱い開始

国産オーディオブランド「ムジカノート」、和風天然木スピーカーキット「ナチュラルウッドシリーズ」

編集部:小野佳希
2019年10月04日
ヒノ・エンタープライズは、兵庫で活動するオーディオブランド「ムジカノート(MusicaNote)」の取り扱いを開始。日本古来の文様「麻の葉」を取入れた和風天然木スピーカーキット“ナチュラルウッド シリーズ”「SK-NW08L」を10月10日より発売する。オープン価格だが35,000円〜50,000円程度での実売が予想される。なお、スピーカーユニットは別売で、穴径102.2mmに取り付け可能な10cm - 12cmフルレンジユニットが使用できる。

“ナチュラルウッド シリーズ”「SK-NW08L」

日本古来の文様「麻の葉」をアレンジしたスピーカーグリルを採用し、和風に仕上げた天然木のボックスに、ユーザー自身の好みのユニットを取付けて簡単に組み立てることができるスピーカーキット。

天然木は、ひずみが大きく切断寸法精度が出にくいため、ボックスを製作する際に専門的な道具が必要。これに対して本製品はボックス部分を組立済みとし、補強や吸音材、バスレフダクトの取付け等の簡単な作業で完成する。なお、3種類の長さのバスレフダクトを同梱しており、組立後でもバスレフダクトの付替えや、吸音材の張替えを行うことで音の変化を楽しめるようにしている。

X字の補強材によって剛性を高めたり、突板仕上げの最大肉厚27mmの高剛性なフロントバッフル、高級スピーカー端子の採用などによって音質面に配慮。音質劣化の少ないスピーカーグリルや、独自の低音制御技術も採用しているという。

関連記事