「京都家電ラボ」プロジェクト

パナソニック、茶筒の老舗と共同開発したワイヤレススピーカー「響筒」

編集部:押野 由宇
2019年10月04日
パナソニックは、京都の手作り茶筒の老舗「開化堂」と、ワイヤレススピーカー「響筒」(きょうづつ)を共同開発。価格は300,000円(税抜)。11月8日より開化堂にて100台限定で販売し、このうち30台のみ、10月5日から先行予約を受け付ける。

茶筒スピーカー「響筒」

パナソニックの家電デザイナーが、京都の伝統工芸の継承者とともに、日本の感性とモノづくりの原点を探り、未来の豊かなくらしを実現する新たな家電を研究する共創プロジェクト「Kyoto KADEN Lab.(京都家電ラボ)」。2015年からスタートした本取り組みから、初めて商品化されるのが響筒となる。

「『五感や記憶に響く体験価値』をコンセプトに、耳で聴くだけでなく、音の響きを手のひらで感じる新たな体験を創造」したとしており、開化堂が本体の板厚を響筒オリジナルに仕上げた茶筒に、パナソニックがオーディオ分野で培った技術とノウハウによって最適な響き方と音作りを両立したスピーカーを0.01mm単位まで調整して固定。不要な音を発生させることなく、心地よい音の響きを手のひらに伝える構造を実現したとする。

匠により精巧に仕上げられた開化堂の茶筒が持つ高い密封性を生かして、「蓋を開けると茶葉の香りがフワッと広がるように音が立ち上がり、閉じる際は蓋と胴体の継ぎ目を合わせると蓋が重力に従ってゆっくりと落ち、上品に音がフェードアウトする、新たな音の表現」を実現したという。

本体には、響筒のために創ったオリジナル音源があらかじめインストールされる。電源を入れて、初めて蓋を開けた瞬間から音楽を楽しむことができる、オルゴールのような機能も備える。

音質にもこだわり、独自開発のDSPにより低音から高音まで広帯域で自然な、聴きやすく優しい音を実現。さらにバスレフポートで低域を強化するとともに、スピーカー上部のディフューザーで音の広がりを持たせたとしている。

真鍮の経年変化のイメージ

真鍮素材特有の手触りと光沢は、触れれば触れるほど徐々に濃い飴色に変化。また本体底面には本革を採用し、風合いも楽しめる。また、付属の充電台に本体を置くだけで充電が可能な非接触給電方式を採用し、デザイン性を高めた。

スピーカーとしては1ウェイ1スピーカー、バスレフ型構造を採用。BluetoothはVer4.2をサポートし、コーデックはAACとSBCに対応。外形寸法はφ80×91.5Hmm、質量は約500g。

関連記事