オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
トンボの翅と貝殻に着想

オンキヨー、新構造で高音質化した振動板開発。「祖業のスピーカー事業への回帰進める」

編集部:小野佳希
2019年05月30日
オンキヨーは、バイオマス素材「CNF」を採用した振動板をベースに、トンボの翅(はね)や貝殻から着想を得た構造を採り入れることで高音質化を図った「バイオミメティクス振動板」の開発に成功。車載スピーカーを中心としたOEM製品や自社ブランド製品への採用を目指していくと発表した。

開発に成功したバイオミメティクス振動板

鉄の5倍の剛性でありながら鉄の5分の1の質量を実現した最先端のバイオマス素材「CNF」を用いて同社が開発した振動板をベースに、振動板形状にトンボの翅の翅脈構造を取り入れることで共振分散を実現。加えて、貝殻の立体構造を取り入れることによって強度・剛性を向上させ、これらによってスピーカーの特性改善を図った。

トンボの翅の翅脈構造と貝殻の立体構造を採用して高音質化

同社では、このバイオミメティクス振動板を採用したスピーカーを、今後さらに自然・環境との調和化が要求される車載スピーカーを中心としたOEM製品や自社ブランド製品への採用を目指していくと説明。「HAV事業売却により、祖業であるスピーカーコンポーネント事業への回帰を進め、OEM事業に注力することによってあらゆる用途への拡大と業績向上を目指してまいります」としている。

関連記事