チューンアップトゥイーターも

パイオニア、カロッツェリアからハイレゾ対応カースピーカー入門機「Fシリーズ」6機種

編集部:小野佳希
2018年04月18日
パイオニアは、carrozzeria(カロッツェリア)ブランドより、ハイレゾ領域の周波数帯域再生に対応し、上位機種から“Open&Smoothコンセプト”を踏襲したカースピーカーのエントリーモデル “Fシリーズ” 6機種と、手持ちのカーオーディオシステムに手軽に追加して可聴帯域を越える高音域再生を実現するハイレゾ音源対応チューンアップトゥイーター「TS-T440」を6月に発売する。

Fシリーズ「TS-F1740S」

■カースピーカー「Fシリーズ」
・TS-F1740S(17cmセパレート2ウェイスピーカー)16,000円(税抜)
・TS-F1640S(16cmセパレート2ウェイスピーカー)15,000円(税抜)
・TS-F1040S(10cmセパレート2ウェイスピーカー)15,000円(税抜)
・TS-F1740(17cm2ウェイスピーカー)8,000円(税抜)
・TS-F1640(16cm2ウェイスピーカー)7,500円(税抜)
・TS-F1040(10cm2ウェイスピーカー)7,000円(税抜)

TS-F1640S

いずれのモデルも、トゥイーター部に、58kHzまでの高域再生が可能で低歪みという「2.9cmバランスドドームダイアフラム」を搭載。上位モデルで培った、振動板への伝達ロスが少ないという「頂点駆動方式」、クリアでメリハリのある音を実現するという「反発マグネット」を採用し、中域から高域まで音像定位に優れた明瞭な音を再生するとアピールしている。

セパレートタイプは、トゥイーターの角度を変えられる「可動式台座」を採用。高域の指向性をコントロールすることで、中域の優れた定位感、音場感を実現するとしている。

加えてセパレートタイプは、ネットワークに厳選した音響素子を使用することで低クロスオーバーを実現したとのこと。また省スペースタイプのインライン構造を採用しており、スペースの少ないドアやコンソールの内部に簡単に取り付けられるよう配慮している。

各モデルともウーファー部の振動板には、カーボン素材を含有した「IMCC(Injection Molding Carbonized Cone)」を採用。これにより豊かな音楽再生を実現するとし、また、新たに設計した軽量かつ駆動力に優れた「高効率スクエアボイスコイル」によって、クリアで力強い低域再生を実現したとしている。


■チューンアップトゥイーター
・TS-T440 5,500円(税抜)


TS-T440
手持ちのカーオーディオシステムに追加することで、ハイレゾ領域の高音域再生を可能にするというアイテム。上記Fシリーズ同様に、58kHzまでの高域再生が可能で低歪みだという「2.9cmバランスドドームダイアフラム」と「頂点駆動方式」を採用している。

専用ハイパスフィルターを同梱させることで、純正スピーカーから簡単にシステムアップできるよう配慮。また、ダッシュボードに取り付けたトゥイーターの角度を変えられる可動式台座を採用しており、高域の指向性をコントロールすることで中域の優れた定位感、音場感を実現するとしている。

関連記事