オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
各社試聴デモが盛況

<アナログオーディオフェア>フルテック、最新NCFアクセサリーを展示/レコードクリーニング製品も充実

編集部:押野 由宇
2019年05月18日
アナログオーディオ関連イベント「アナログオーディオフェア2019」が、本日5月18日と翌19日の2日間、東京・秋葉原の損保会館で開催される。入場は無料。本稿では、会場3階で行われたイベントや、2階の各社出展ブースなどの様子を中心にお伝えする。


18日の12時30分からは、当社音元出版が主催するMCカートリッジの比較試聴イベントが開催。13モデルほどのカートリッジ、それもそのほとんどが18万円超えの価格帯の注目製品ということで、それを一斉に試聴できる機会に多くの来場者が集まった。

試聴イベントには部屋に収まりきらない程の来場者が

立ち見を含め100名を超える来場者に、なるべく多く試聴の時間がとれるように、10分ほど前倒しでイベントがスタート。講師には鈴木 裕氏。カートリッジによる音の違いがわかりやすいように、試聴盤は2枚に絞った。いざ盤に張りが落とされると、来場者は思い思いの体勢で一様に耳を傾けていた。

FOCAL「Scala Utopia Evo」やテクニクス「SL-1000R」などで再生

会場2階には各社がブースを並べる大部屋が用意されている。フルテックは、同社最新製品として、銀メッキ仕様のFI-48M NCF(Ag)、ロジウムメッキ仕様のFI-48M NCF(R)、ゴールドメッキ仕様のFI-46M NCF(G)という電源/インレットプラグを用意。同社が手掛けるNCF製品において、金メッキと銀メッキを施したモデルは今回が初めてとなる。

左からFI-46M NCF(G)、FI-48M NCF(R)、FI-48M NCF(Ag)

価格はFI-48M NCF(Ag)が各21,000円(税抜)、FI-48M NCF(R)が各22,000円(税抜)、FI-46M NCF(G)が各17,000円(税抜)。FI-46MとFI-48Mの主な違いは、ハウジングに削りだしのアルミ合金か、ステンレス合金を使用しているかによる。それぞれ5月末〜6月中旬程度に順次発売予定とのことだ。

また、ケーブルや端子を支える「NCF Booster-Signal」(レビュー記事)など「NCF Booster」シリーズは、やはり高い注目を集めていた。ほか、NCF製品の最新モデルが先日HIGH END MUNICH 2019にて参考出展されたが(関連記事)、本製品の日本登場にも期待したい。

「NCF Booster」シリーズにも引き続き注目が集まる

オーディオテクニカはフルオート式ターンテーブル「AT-LP60X」(関連ニュース)や、「VM760SLC」カートリッジなど同社ラインナップを多数展示。来場者とブース担当者が、じっくりとコミュニケーションを取る姿が印象的だった。

カートリッジ製品のラインナップを多数展示

オーディオテクニカの最新ターンテーブル「AT-LP60X」

ナスペックは、Kirmuss Audio(カーマス・オーディオ)の超音波式レコードクリーナー「KA-RC-1」(185,000円/税抜)を展示。12インチ×2、10インチ×1、7インチ×1の計4枚を一度にクリーニング可能で、要する時間も5分と短く、コレクションを一気にキレイにすることができる点が特徴。また本機には乾燥機能はついていないが、これは同社が持つ、完全に汚れを取り去るには手作業によって拭き上げるしかない、というポリシーによるもの。そして拭き上げを行ったあとに立てかけておけるよう、Arte製のスタンドを付属するなど、非常にこだわりが見られる製品だ。

Kirmuss Audioの超音波式レコードクリーナー。「高級車のように最後は手で拭いて仕上げる」ことをポリシーとしている

KRYNA(クライナ)はケーブルに巻きつけて使用するインシュレーター「Helca 1」を、アナログプレーヤーから伸びるフォノケーブルに実際に装着した様子を展示。また三進興産が手掛けるソルボセインサウンドインシュレーターは、上部に真鍮、中部に黒檀、下部に衝撃吸収素材 “ソルボセイン” を用いたハイブリッド3層構造のインシュレーター。その仕様について、興味深そうに来場者が質問をしていた。

ハイブリッド3層構造のソルボセインサウンドインシュレーター

ケーブルに巻きつけるという使用法のHelca 1

また仕様が特徴的な製品としては、会場1階にブースを構えるアスカの外周ディスクスタビライザー「AMG-1000」と、ターンテーブルダンパー “SINKA” 「RX-5000」にも来場者の関心が集まった。外周ディスクスタビライザーは、再生中のレコードにセットして使うアクセサリーで、レコードの振動を抑制。またSINKAはターンテーブルの裏側にセットすることで振動を吸収・削減するアクセサリー。ともに振動対策に効果を発揮し、解像度・S/Nの向上が見込めるという。

再生中のレコードの外周に取りつける外周ディスクスタビライザー

ターンテーブルの裏側の、さらに内側に装着するターンテーブルダンパー

これらの製品はその設計上、アナログプレーヤーによって使用できるかどうかという点があり、また実際に効果を体感した上で検討してほしいという思いから、同社では製品の貸出を行っている。会場では実際に製品を用いた試聴デモも行われているが、もし足を運べないという方は、ホームページなどから問い合わせをしてみてはいかがだろうか。

振動吸収性の高い純マグネシウム製ターンテーブルもラインナップ

以下、会場の模様をフォトレポートにてお伝えしたい。

ZYXは「MONORAL」シリーズとして、「Ultimate-AIRY-MONO」などのラインナップを展示

Arteはレコードクリーニングマットや洗浄液、ブラシなど各種クリーニングセットをデモ


四十七研究所のバッテリー駆動式ターンテーブル「Simple Koma」

MASTAZオーディオプロジェクトでは、日本で唯一とするテクニクス「SP-10R」用のキャビネットを展示


オーディオみじんこはウォルナットやオーク無垢材などを使用した壁コンセントベースを最新製品として展示。さらに10製品ほどを並行して開発中とのこと

上杉研究所の真空管式ステレオプリアンプ「U・BROS-280」とワイヤレスコンソール「U・BROS-280RM」


ズートコミュニケーションのブースでは各種リード線の聴き比べを実施

ベルドリームサウンドは限定10セットで3,000円(税込)という簡易式ストロボセットなども用意


AETは同社アクセサリー製品のラインナップを展示

関連記事