オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
日本レコード協会が調査

レンタルCD、在庫枚数・店舗ともに今年も減少。店舗あたりの面積は広く

編集部:平山洸太
2018年10月15日
日本レコード協会は、2018年度における全国のCDレンタル店実態調査の結果を公表した。

この調査は同協会が毎年実施しているもので、今年で35回目を迎える。調査期間は2018年4月1日から6月30日。調査方式は店舗規模・業態を勘案したサンプル調査が採用されており、同協会の調査員が全国911店に訪店調査を行った。

2018年度のレンタルCD平均在庫枚数は20,232枚で、前年比3.0%減となった。その内、CDシングル平均在庫数は前年の1,115枚に対し1,225枚と9.9%増加、CDアルバムは前年19,751枚に対し19,007枚と減少している。

また、調査店の合計を営業店数に換算して総在庫数を算出すると、シングルは前年から2.8%増加した2,503,301枚、アルバムは前年から10%減少した38,831,162枚となり、合計枚数も前年から8.9%減少した41,334,463枚となった。

1店舗あたりの店舗面積に関しては平均932m2で、こちらは前年に比べて3.2%増加。内訳はCDレンタルが前年からほぼ変わらない78m2、DVDレンタルが前年比2.1%増の325m2、その他が前年比4.4%増の529m2となる。この結果から、CDやDVDのレンタル以外の書籍・コミックのレンタル・販売等のサービスの拡大傾向が続いていることがわかる。

店舗面積(1店舗平均)

全国のCDレンタル店舗数は2,043店と、昨年の同時点と比較して141店(6.5%減)減少した。これは店舗数がピークに達した1989年末の6,213店と比較すると、33%の水準だという。

CDレンタル店数と開業・閉店推移

関連記事