オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ハイレゾレコーダーと波形編集ソフトを実演

オリオスペック、TEAC「SD-500HR」とHi-Res Editorを用いたハイレゾ音源編集イベントを開催

季刊・Net Audio編集部
2018年09月20日
東京・秋葉原の自作PC&ネットワークオーディオの専門店オリオスペックで、TEACのハイレゾマスターレコーダー『SD-500HR』とハイレゾ音源波形編集ソフト『TEAC Hi-Res Editor』を用いたイベントを9月22日(土)に開催する。


TEAC ハイレゾマスターレコーダー SD-500HR
同ショップでは、これまでにTASCAM DA3000をテーマにしたアナログレコードアーカイブイベントなどを開催しており、今回もハイレゾ音源の編集アプリケーションの活用に的を絞ったイベントを企画。

イベントで使用される波形編集ソフト『TEAC Hi-Res Editor』は、フリーソフトながら機能が豊富な編集ソフトで、当日はTEACの担当者も招き、本ソフトの使い方や魅力について迫る興味深い内容となっている。

イベントでは、ハイレゾマスターレコーダー『SD-500HR』と『TEAC Hi-Res Editor』を組み合わせたアナログレコードの録音などを中心にUSB DAC/ネットワークプレーヤー、アナログプレーヤー、スピーカーなど他のTEAC製品と組み合わせたデモも行われる。

ご興味のある方は、ぜひご参加いただきたい。

オリオスペック
ハイレゾマスターレコーダー『SD-500HR』を使いこなす
●日程:2018年9月22日(土)
●場所:オリオスペック イベントスペース(秋葉原)
東京都千代田区外神田2-3-6 成田ビル2F
●時間:14:00 - 16:00
●定員:20名程度
●使用予定製品:
・ハイレゾ音源波形編集ソフト『TEAC Hi-Res Editor』
・ハイレゾマスターレコーダー『SD-500HR』
・USBDAC/ネットワークプレーヤー『NT-505』
・アナログレコードプレーヤー『TN-570』
・Bluetoothトランスミッター搭載 アナログレコードプレーヤー『TN-400BT』
・コアキシャル2ウェイスピーカー『S-300HR』
・アクティブサブウーハー『SW-P300』
・和紙製ターンテーブル・シート 『TA-TS30UN』

●申し込み方法:オリオスペック(pcaudio@oliospec.com)へメールまたは電話(03-3526-5777)にて申し込み
※先着順。定員になり次第受付終了。

関連記事