オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

Bang & Olufsen、円形のワイヤレススピーカー「Beosound Edge」11月中旬発売

編集部:川田菜月
2018年09月07日
Bang & Olufsenは、円形のワイヤレススピーカー「Beosound Edge」を11月中旬からBang & Olufsenストアにて発売する。価格は462,900円(税抜)。

「Beosound Edge」

Beosound Edgeは、独ベルリンで開催された「IFA 2018」にて発表されており(関連ニュース)、今回日本での発売日および価格が決定したかたち。

本体は正円形で周囲にアルミフレームを配置。フレームにはレーザーで極小の穴が開けられ、物理的なタッチインターフェースを組み込んでいるという。また人が近づくとセンサーが感知して、タッチインターフェースがほのかに光るとのこと。

内蔵のジャイロスコープにより、本体を転がして動かすことで音量調整が可能。設置方法は床置き/壁掛けの両方に対応する。

スピーカー部にはマットな黒いファブリック生地を採用。この部分は取り替え可能で、今後別カラーも用意する予定とのこと。本製品は世界的デザイナー・マイケル・アナスタシアデス氏によってデザインされ、「サウンドとともに生活するということを改めてイメージした」としている。

音響設計には同社のBeoLabポートフォリオの音響技術を活用。スピーカーの前面/背面にそれぞれ4インチ・ミッドレンジと3/4インチ・トゥイーターを各2基配置、さらに内部には10インチ・バスドライバーを1基搭載する。

新たに「Active Bass Port」を搭載。Active Bass Portは小音量時にはクローズド、音量が上がるのに応じて開いていき、低音をより響かせることができるという。また、サウンドの拡散方向を操作できる「Directional Sound Control」を新搭載、これにより部屋のリスニングエリアの調整が可能としている。操作はアプリを通して行う。

Wi-Fi(IEEE 802.11 b/g/n/ac)とBluetooth 4.2に対応。AirPlay 2、Chromecast built-in、DLNA - DMR、QPlay 2.0を搭載する。Googleアシスタント内蔵スピーカーやAmazon Echoなどのデバイスと組み合わせることで、音声操作にも対応する。端子はアナログ/デジタル両対応のLine-in、Ethernetを1基ずつ装備。外形寸法はφ13×50.2Wcm、質量は13kg。

関連記事