オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
『AA170号』で詳細レポートを掲載中

新ブランド、サウンドエレメントが3年かけて開発したノイズ対策アイテム「SE-H1042D」

季刊・オーディオアクセサリー編集部
2018年08月21日
愛知県名古屋市に拠点を置く名精工業(有)は、新たなオーディオアクセサリーブランド「Sound element(サウンドエレメント)」を立ち上げた。第1弾モデルは、アンプとスピーカーの間に設置するノイズ対策アイテム「SE-H1042D」で、価格はペアで11万円(税抜)。

新ブランド、サウンドエレメントのノイズ対策アイテム「SE-H1042D」(110,000円/ペア・税抜)

名精工業(有)は金属の精密加工の専門メーカーで、長年にわたり火力発電所に関わる部品を手掛けてきた。そんな同社がカーオーディオとホームオーディオを3年がかりで研究・開発し、商品化したのがサウンドエレメント「SE-H1042D」である。

本機は直径88mm、厚さ5mm以上の無垢ステンレス(SUS304)削り出しのケースの中に、イオンによる特殊コーティングを施したプラス/マイナスで合計2個の合金素子を装着。アンプから送られてくるノイズ波形を強力に吸収・消滅させることで、本来のピュアなサウンドを得られるというもの。

また本機は、高い音質効果とともに外観にもこだわり、美しい曲面形状のデザインを実現。“見せるオーディオアクセサリー”としても注目を集めている。

最新刊『オーディオアクセサリー170号』にて詳細なレポートを掲載中

170号で掲載中の記事。林正儀氏による詳細なレポートを掲載中

なお「SE-H1042D」の実際の効果に関しては、本日8月21日発売の『オーディオアクセサリー170号』にて詳細なレポートを掲載中。こちらもぜひともお楽しみいただきたい。

関連記事