オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
画期的な処理で導体を活性化

【ケーブル大全2019 記事チラ見せ】「HSEシリーズ」に全面刷新されたティグロンの最新ラインナップをレビュー

季刊オーディオアクセサリー編集部
2018年08月10日
特許技術「マグネシウムシールド」に注目が集まる、ティグロン(TIGLON)ブランドのケーブル。特殊加工を施したオーディオ特性に優れたマグネシウム箔を用い、独自のノウハウでシールド層を形成することで、ノイズの影響を極力排除することに成功している。その技術は第3世代マグネシウムシールドへと進化し、ディップフォーミング方式で製造された無酸素銅(DF-OFC)の採用も特徴である。さらに今般、最新モデルが登場するに至った。新しい画期的な音質改善装置の導入によって、全モデルが「HSEシリーズ」へと進化した。『ケーブル大全2019』誌では、その全面刷新されたラインナップを、柴 功氏のレポートで速報している。


第3世代マグネシウムシールドでリアルな音場空間を追求してきた、ティグロン(株)のケーブル。このほど、海外の大手ケーブルメーカーとコラボレーションし、ハイパー・サチュレーテッド・エナジャイザー(略称HSE)という名称の画期的なケーブル音質改善装置を開発し、既存ケーブルにこの処理を施した「HSEシリーズ」が発売された。


@電源ケーブル「TCA-1.2W-HSE」(210,000円/1.2m)、A電源ケーブル「MS-DF12A-HSE」(49,000円/1.2m)、BBNCデジタルケーブル「MGL-DB10-HSE」(55,000円/1m)Cスピーカーケーブル「MSS-DF100SP-HSE」(120,000円/1.5mペア)、Dスピーカーケーブル「MSDF12SP-HSE」(8,000円/m)、ERCAインターコネクトケーブル「MGL-R10-HSE」(86,000円/1mペア)、FRCAインターコネクトケーブル「MS-DF12R-HSE」(40,000円/1mペア)、GXLRインターコネクトケーブル「MGL-X10-HSE」(86,000円/1mペア)HXLRインターコネクトケーブル「MS-DF12X-HSE」(40,000円/1mペア)※いずれも税抜き
詳細は現時点で非公開だが、最適な電流をプログラムし、導体を活性化する処理とされる。これによってティグロンのケーブルは、ほぼ全てのラインアップがHSEシリーズにグレードアップされることとなる。この処理を施した製品の型名は、既存モデル名の後にハイフンとHSEが追加される。

未処理の従来製品と比較試聴を実施すると、見た目は全く同じなのに “これが同一ロットのケーブルか” と耳を疑いたくなるほど劇的に音質が改善された。HSE処理したケーブルは透明感が向上し、癖のない自然な質感になり、「ケーブル界の大革命」といえるほどの耳を疑うほどの効果を実感したとの柴 功氏のレポートである。

※ケーブルのさらに詳細な音質レポートや特徴、ケーブル周りのクオリティアップ使いこなし情報は、最新号の『ケーブル大全2019』誌に掲載している。書店にてその内容をぜひお確かめ下さい。

オールカラー版『ケーブル大全2019』(2,000円/税込)は絶賛発売中!

amazonからのご購入はこちら
Fujisanマガジンサービスからのご購入はこちら

※Kindleストア、Fujisanマガジンサービス、Newsstand、ZASSHI-ONLINE.com、MAGASTOREにて電子ブック版も発売中。『ケーブル大全』で検索!