HOME > 音元出版刊行雑誌 > 特別増刊 > ケーブル大全2019

音元出版刊行雑誌


季刊・オーディオアクセサリー特別増刊

ケーブル大全2019

2018年7月26日全国一斉発売!

定価2,000円(本体価格 1,852円)

amazonで買う

表紙デザイン:大前英史デザイン室 フォト:馬場道浩


■お詫びと訂正

『ケーブル大全2019』におきまして以下の誤りがありました。読者の皆様、関係各位にお詫びするとともに、ここに訂正をさせていただきます。

●38ページに掲載のJORMA DESIGNの製品に関して、メイン写真のキャプションにおきまして、RCAラインケーブル「JORMA STATEMENT」の正しい価格は¥1,800,000(1.0mペア)になります。またP236に掲載の製品リストに関しましても、インターコネクトケーブル「STATEMENT」の価格は正しくは¥1,800,000(1.0mペア)になります。

●51ページに掲載のティグロンの欧文表記が間違っておりました。正しくは「TIGLON」です。

●172ページに掲載のケーブルインシュレーター、KOJO TECHNOLOGY「PUZZ BLOCK」の価格が4個で16,000円(税別)となっていますが、正しくは4個で24,000円(税別)となります。

●185ページに掲載のKRIPTONのUSBケーブルの型番が違っておりました。正しい型番は下記になります。
・型番 誤:UH-CR  正:UC-HR

●249ページに掲載のAUDIO NOTEのスピーカーケーブルに関して、正しい型番と備考欄は下記の通りになります。
・型番 誤:SPs-2.5 Dual  正:SPc-2.5 Dual
・備考欄 誤:Sps2.5 2本平行  正:Spc2.5 2本平行


国内外の最先端のケーブル情報、多彩な魅力を満載
使いこなしのトレンド「ケーブル環境整備」も提案!

より感動する音を得るための、ケーブル選びとクオリティアップのための必掲マニュアルとして1996年に創刊、隔年刊行している『ケーブル大全』誌の最新版をお届けします。今号のテーマは「ケーブルと関連アクセサリーでの環境整備」の提案です。オーディオケーブルの新ブランドも国内外から登場し、性能向上とバリエーションの充実が高まりをみせています。また一方で、ケーブル周辺アクセサリーも飛躍的な進化を遂げており、ケーブル周りは大幅なクオリティアップが可能になっています。繋げばよいものからどう使いこなすか、聴く楽しみを一層高めてくれるケーブル周りの「選び方と使いこなし方」の最新情報を満載です。"もっといい音で聴きたい"というご要望にお応えし、システム全体のクオリティアップに大きく貢献するケーブル環境整備の友として、本誌をお手元に置いてご活用下さい。

『ケーブル大全2019』の目次はこちらから

画像をクリックして拡大

主な内容〜CONTENTS


●特別巻頭企画

ケーブルの最新動向とトレンドを知る

〜分類と使いこなしの指針〜 井上千岳

多様な素材や構造を研究して採り入れ、メーカーが工夫を凝らして進化を続ける、さまざまなジャンルのケーブル達。使う側としては、数多くの製品からどのケーブルを使うべきか、選択に迷うこともあります。しかし、システムの環境を整えるための「インフラとしてのケーブル」と考えれば、選ぶ方向性も見えてくるもの。ここではケーブルの最新の動向と展望に加えて、選択と使いこなしにあたってのガイドを行います。

画像をクリックして拡大

福田屋流ケーブル使いこなしの奥義

クオリティ追求の意義と、選び方使い方の最新トレンド 福田雅光

ケーブルへのこだわりと使いこなしで、オーディオはどれほどクオリティアップを実現できるのでしょう。これまで膨大な数にのぼるケーブルと周辺アクセサリーを日々試聴し、使いこなしを研究してきた『季刊オーディオアクセサリー』誌の人気連載記事の執筆者“福田屋主人”ならではの、最新のコツとテクニックを紹介する特別企画です。ベテランはもちろんビギナーまで、ケーブル周りで理想を実現するためのポイントやノウハウを、本誌の読者のために一挙公開します。

画像をクリックして拡大

ケーブルは「基準」であり「信頼

〜世界的エンジニアGoh Hotodaのケーブル観〜 鈴木 裕

世界におけるハウスミュージックの基盤を作ったと言われるマドンナの『VOGUE』や、国民的ヒットとなった宇多田ヒカルの『Automatic』、そしてジャパニーズロックシーンを代表するレベッカや、伝説的R&Bシンガー、チャカ・カーン。ミックスエンジニア/プロデューサーのGoh Hotodaさんが手がけた作品は、そのいずれもが音楽シーンを変えたと言っても過言ではない作品ばかりです。「音楽」に対する理解と、ミュージシャンの想いをも理解する感性とテクニック。そんな世界的評価を得るGoh Hotodaさんは、「ケーブル」にも確かなこだわりを持っています。Goh Hotodaさんはオーディオ伝送における必須アイテム「ケーブル」に何を求め、そしてどのように使いこなしているのか、自宅スタジオで特別インタビューを実施しました。

画像をクリックして拡大

最新保存版

世界のケーブルブランドのいま32
注目ブランドの最新動向と音質傾向

機器から機器へ音声信号を送る、あるいは機器に電気を送る。オーディオケーブルの仕事はシンプルそのものです。しかし「いかに送るか」を考え始めた時に、オーディオケーブルの仕事は一気に難易度が上がります。この「いかに送るか」に対して、世界中のさまざまなメーカーがどのように考え、取り組んでいるのでしょう。そして、製品にそれがどのように反映され、実際に使った場合の再生音にはどんな傾向が表出されているのでしょうか。ここでは国内外の注目32ケーブルブランドの、「いま」と「音の魅力」について紹介します。

画像をクリックして拡大

最新保存版

ケーブル大試聴レポート〜ピュアオーディオ編
いま注目すべき魅力満載のケーブル達が大集結

スピーカーケーブルやRCA/XLRインターコネクト、さらには電源ケーブル、アナログレコード関連ケーブルなど、ピュアオーディオのさまざまな種類のケーブル。ケーブルを交換してクオリティアップをするには、どのような特徴と音質傾向を備えているのかを知っておくことが必要です。ここではジャンルごとに集めたケーブルを1本ずつ地道に、かつ詳細に聴き比べて探っていき、それぞれの音の傾向を音質レポートおよび音質傾向表で構成しています。最新のスクランブルレポートと、新着ケーブルを加えた増補版レポートから、ケーブルの最新のトレンドが分かります。

  • B&W 803 D3に最適なスピーカーケーブルを探す 鈴木 裕
  • スピーカーケーブル進化論〜一斉試聴 井上千岳
  • 最新注目スピーカーケーブルレポート
  • 話題のスピーカーケーブル・スクランブルテスト 井上千岳
  • XLRインターコネクトケーブル・厳選25モデル一斉比較 井上千岳
  • 話題のRCAインターコネクトケーブル・スクランブルテスト 生形三郎
  • 最新注目インターコネクトケーブルレポート
  • 貝山知弘のピュア・オーディオ+α ついに「これは!」と思えるケーブルに巡り合った 貝山知弘
  • 話題の電源ケーブル・スクランブルテスト 炭山アキラ
  • 切り売り電源ケーブル・自作スクランブル 炭山アキラ
  • 最新注目アナログレコード関連ケーブルレポート
画像をクリックして拡大

画像をクリックして拡大

厳選&銘品 ケーブル&アクセサリー

福田屋セレクション2019 福田雅光
お墨つきのケーブルと関連アクセサリーが大集結!

『季刊・オーディオアクセサリー』誌の好評連載企画「旬の音本舗*福田屋」主人でもある、オーディオ評論家の福田雅光氏。膨大な数にのぼるアクセサリーの試聴を日々重ねるなかで、数あるケーブル関連製品から厳選し、お薦めできる銘品だけをご紹介する大好評のスペシャル企画です。福田屋がいま注目する、ケーブルと関連アクセサリーの最新動向とトレンドの解説とともに、とことん「音とクオリティアップ」にこだわる人必見のコーナーです。

画像をクリックして拡大

画像をクリックして拡大

いまこそケーブルの周辺環境を見直そう!

アクセサリーによるケーブル環境整備の薦め 鈴木 裕、田中伊佐資
ケーブルインシュレーター・スクランブルテスト 田中伊佐資

ケーブルはいま、設計技術を進化させてより高度かつ優秀な製品が多彩に揃っています。ケーブルそのものに加え、その性能をより引き出す「ケーブル周辺アクセサリー」も飛躍的な進化を遂げています。浮かせる効果に留まらない注目のインシュレーター類や、接点拡張剤などなど。そこで、ケーブルにこだわる本誌読者だからこそ重視すべきテーマとして『ケーブル環境整備』を提起します。さらなるクオリティアップの可能性を秘めた重要ポイント「ケーブル周辺アクセサリーとその使いこなし」の効果について、実体験や実例を交えつつレポートします。

画像をクリックして拡大

画像をクリックして拡大

注目のケーブル&アクセサリー特別レポート

クオリティアップに必須の最新&注目ケーブルが大集結

趣味のケーブルには、最新の研究成果を盛り込んで登場する新製品ばかりではなく、長年支持を受け続ける定番モデルまで、実にさまざまなバリエーションがあります。ここでは注目モデルに込められた、なかなか他誌では知ることのできない、気になる製品の購入の決め手となる深い魅力やこだわりをご紹介しています。

  • オーディエンス/気鋭のケーブル・ブランド日本初上陸 鈴木 裕
  • クリスタルケーブル/最上位ケーブル「MONOCRYSTAL」上陸! 福田雅光
  • ゾノトーン/こだわりの主力最新スピーカーケーブルの魅力 井上千岳、福田雅光、炭山アキラ
  • キンバーケーブル/ロングセラーを続ける理由を探る 井上千岳
  • ティグロン/革新のHSEシリーズに全面刷新 柴 功
  • オルトフォン/オルトフォンが作り上げるケーブルの魅力に迫る 炭山アキラ
  • ザ・コード・カンパニー/“すべては音楽のために”ブランドの魅力を探る 林 正儀
  • トランスペアレント/信頼の厚いブランドの魅力と実力を探る 角田郁雄
  • ラックスマン/最上位ケーブル「15000シリーズ」が登場! 生形三郎
  • TAD/高品位スピーカーの能力を最大限引き出すケーブルが登場! 角田郁雄
  • アキュフェーズ/コンポーネント開発のためのレファレンス・ケーブル 角田郁雄
  • AET/大発明を次々に投入した最新ケーブルの魅力 炭山アキラ
  • ワイヤーワールド/フォノケーブルの実力を探る 小林 貢
  • オーディオ・ノート/ケーブルだけでも味わえる、その音を体験 炭山アキラ
  • アコースティック・リヴァイブ/出川式ユニット搭載の最高峰電源ケーブル 鈴木 裕
  • オヤイデ/次世代電源プラグと端子ARMOREDシリーズ、誕生 炭山アキラ
  • ゾノトーン/先端交換用プラグLUG-Sシリーズ 炭山アキラ
  • オヤイデ/テクニクスSL-1200Gをアクセサリーでクオリティアップ 生形三郎
  • フルテック/NCF Boosterの姉妹品 NCF Booster-Signalを検証! 福田雅光
  • フルテック/NCF Boosterシリーズの自宅導入レポート 鈴木 裕
  • アンダンテラルゴ/一度塗ったらやめられないTMDの効果 角田郁雄
  • クライナ/ケーブルインシュレーターHelca1の使いこなし 林 正儀
  • フルテック/最新電源ケーブルとボックスの魅力 井上千岳
画像をクリックして拡大

画像をクリックして拡大

画像をクリックして拡大

最新保存版

ケーブル大試聴レポート〜デジタルオーディオ/映像編

先端ハイレゾ再生&4K・8K高画質対応ケーブルを満載!

ハイレゾ高音質ソースを再生するネットワークオーディオに欠かせない、USBケーブル、同軸デジタルケーブル、さらにLANケーブル。最先端のデジタル伝送には、ケーブルへのこだわりも必須です。ここではジャンルごとの新規スクランブルテストを実施。さらに、4K・8Kと高画質化がさらに進む映像系に必須のHDMIケーブルの実力比較レポートも掲載しています。最新動向とトレンドの解説とともに、ケーブル選びと使いこなしをサポートします。

  • USBデジタルケーブル20モデル 一斉スクランブルテスト 炭山アキラ
  • RCA同軸デジタルケーブル16モデル 音質一斉比較試聴レポート 鈴木 裕
  • 杉本一家さんが聴く「見える音」のLANケーブルを探せ 炭山アキラ
  • デジタル伝送の最新動向とトレンドを知る
  • 高音質&高画質HDMIケーブル使いこなしの指針 林 正儀
  • VGP受賞モデル+最新注目HDMIケーブル視聴レポート 林 正儀
画像をクリックして拡大

画像をクリックして拡大

有力販売店が選ぶマイベストケーブル

ケーブル販売のプロ、オーディオショップが推薦!

全国の有力オーディオショップで活躍するケーブル販売のプロフェッショナル達が、いまお薦めしたいケーブルを3モデルずつ推薦する“マイベスト”シリーズ企画。増補版として本誌のために新たな店舗にも協力いただき、全35店を収録しています。プロの目が認める製品それぞれの注目ポイントとともに、人気の理由まで、オーディオケーブル選びのぜひご参考に。

画像をクリックして拡大

【大全倶楽部】Shop Navi

ショップのプロが選ぶケーブル&関連製品

特にケーブル選びや使いこなしのノウハウに力を入れているショップ情報をご紹介

ケーブルデータ編

国内・海外主要ケーブルブランド製品一覧

市販主要ケーブルをブランド別にジャンルごとに掲載する製品リスト&ブランド紹介リストです。それぞれのブランドの現行モデルのラインアップと取り扱い&問い合わせ先、ウェブサイトのアドレスとともに掲載しています。

画像をクリックして拡大

ほか、情報満載!

『ケーブル大全2019』 / 定価2,000円(税込) / 平成30年7月26日発売

好評発売中
バックナンバー詳細