オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
エントリー機「A-10AE」も

パイオニア、電源供給に新技術を採用して音質を高めたデジタル入力搭載プリメイン「A-40AE」

編集部:小澤貴信
2018年07月18日
オンキヨー株式会社は、PIONEER(パイオニア)ブランドのプリメインアンプ「A-40AE」「A-10AE」を7月下旬より発売する。価格はA-40AEが57,500円(税抜)、A-10AEは38,800円(税抜)。

「A-40AE」


「A-10AE」

いずれも2012年に登場した「A-30」「A-10」(関連ニュース)の後継となるプリメインアンプとなる。

A-40AEは新たに192kHz/24bitまでに対応した光・同軸デジタル端子を搭載。アンプ回路への電源供給を線材ではなく専用基板から行うことでS/Nを向上させたという「ダイレクトエナジーコンストラクション」を採用した上位モデルとなる。本機のみ大型カスタムコンデンサー、アルミニウム製フロントパネルなども採用する。

「A-40AE」と付属リモコン

A-40AEの背面端子部

A-10AEはアナログ入力のみを搭載したエントリーモデル。ダイレクトエナジーコンストラクションは非採用だが、A-40AEと同様にダイレクトエナジー思想に基づいて電源から出力に至るまでの回路やレイアウトを見直している。3系統独立電源回路搭載も共通となる。いずれのモデルもフォノ(MM)入力を備え、リモコンが付属する。

「A-10AE」と付属リモコン

A-10AEの背面端子部

パイオニアでは、「A-70DA」(21万円)や「A-50DA」(11.3万円)など、より上位のプリメインアンプでクラスDアンプを採用。一方で今回の2機種はエントリー機種としてコスト面、および幅広い音楽ファン向けやリビング用途も想定してアナログアンプを採用している。定格出力はA-40AEが60W+60W、A-10AEが50W+50W。

アンプ部への電源供給を専用基板で行いS/Nを大幅に向上

製品発表に先立ち、オンキヨーはプレス向け内覧会を開催。その模様と合わせて、上位モデルA-40AEを中心にその詳細を紹介する。発表会では、パイオニアブランドのオーディオ製品の企画を担当する田口浩昭氏、音質チューニングなどを担当するサウンドマネージャーの平塚友久氏が製品の詳細を説明した。

商品企画を担当する田口浩昭氏

サウンドマネージャーの平塚友久氏

A-40AEについて従来モデルからの進化ポイントは大きく2点。ひとつは音質面の大幅なブラッシュアップ、もうひとつはデジタル入力を新たに追加したことだ。

音質については、「一層の音楽性を追求して、深みのあるサウンドを実現すること」を目指したという。デジタル入力搭載については、リビングでテレビなどと組み合わせることも想定してより幅広い音楽ソースに対応させた。

音質面のブラッシュアップにおける最大の特徴となるのが、「ダイレクトエナジーコンストラクション」を初採用した点だ。

A-30では一般的なアンプと同様に、アンプ部への電源供給を線材を介して行っていた。しかし、線材にはインダクタンス成分があるため、リーケージ(磁束漏洩)やノイズの影響を受けやすくなる。また、線材を固定する際に、個体のばらつきも出やすくなってしまうという。

ダイレクトエナジーコンストラクションの概念図

そこでダイレクトエナジーコンストラクションにおいては、線材を可能な限り短くすると共に、アンプ基板の直下に電源専用基板を配置して基板上のパターンを介して電源を供給する手法を用いた。これにより線材による電源と信号ラインの相互干渉を防ぎ、線材の固定や取り回しにおける個体差も排除。S/Nを大幅に向上させることが可能になったという。なお、本技術は特許出願中とのことだ。

A-40AEのメイン基板

メイン基板の裏側。独立して配置されているのが電源基板だ


指で示されてされているパターンが、電源の経路となる

なお、ダイレクトエナジーコンストラクションは、 “アンプからのエネルギーをロスなくスピーカーに伝える” というパイオニアの基本思想「ダイレクトエナジーデザイン」を突き詰める過程で発案された。ダイレクトエナジーデザインは、「信号経路の最短化」「クリアな電源供給」「クリーングランド設計(全ての回路のグランドを1点化)」の3点をベースとしている。ダイレクトエナジーコンストラクションの手法は、この3点をより高い次元で実現できる技術といえる。

ダイレクトエナジーデザインの基本概念


3系統独立電源回路や定在波制御インシュレーターを採用

A-40AEとA-10AEで共通の特徴として、3系統独立電源回路を採用。トランス内部で巻き線をプリ/パワー/マイコン用の3つに分離させてS/N向上を図った。また、トランスからの配線を立体的にスタイリングすることで相互干渉を排除。こちらもS/Nに寄与するという。

3系統独立電源回路を両モデルで採用

さらに内部の平行面を廃して定在波を抑制した “定在波制御インシュレーター” を新規開発。1.6mm厚の高剛性シャーシへ直接装着している。ちなみにこのインシュレーターは様々な形状を試作、平塚氏が実際に試聴を行って音質を検討して今回の形状に至ったという。

定在波制御インシュレーター(右)とボリュームスタビライザー(左)

試作されたインシュレーター。一番手前側の1つが完成品だ

こうしたアプローチにより、音のレスポンスを向上させたとのこと。ボリューム以外の回路をバイパスするダイレクトモードも両モデルで用意する。

上記以外のA-40AEのみの特徴として、電源部には新設計されたELNA社のコンデンサー(10,000μF)を2基搭載。フロントパネルおよびボリュームはアルミニウム製とした(A-10AEはボリュームのみアルミニウム製)。また、ボリュームノブに回転部に板金を加えたボリュームスタビライザーを備えることで、ノブの振動を抑制している。デジタル入力については、アナログ入力時には動作を停止する仕様とした。

A-40AEとA-10AEの仕様比較表

そのほか両モデルの差異として、A-40AEのみ電源ケーブル着脱可となる。スピーカーターミナルはいずれも非磁性体端子だが、A-40AEのほうがよりグレードの高いものを用いている。ボリュームコントロールをバイパスしてAVアンプなどとの組み合わせを可能にするパワーアンプダイレクト入力も、A-40AEにのみ搭載されている。

音楽性の高い、躍動感のあるサウンドを目指す

発表会では、A-40AEとA-10AEが「音楽性の高い、躍動感のあるサウンド(Crisp & Clear Sound」というサウンドコンセプトの元で開発されたことも紹介された。具体的には、最近好まれる傾向にあるという「聴き疲れしない」という要素も取り入れつつ、パイオニアらしい躍動感のあるサウンドを狙ったという。

A-40AEと組み合わせた推奨システム

音楽性という点では、中低域の厚みや芯のあるベースを意識したとのこと。上述の対策のように、電源対策なども含めてS/Nの向上に焦点をあててよりクリアなサウンドを狙ったこともポイントと言えるだろう。

また、パイオニアではHi-FiコンポーネントもAVアンプも上位モデルではクラスDアンプを搭載しているが、5万円台以下のA-40AEとA-10AEはアナログアンプを搭載。この点については、音質を追求していくと周辺部の構成も含めてクラスDアンプのほうがよりコストがかかるため、このクラスでベストな音質を目指した結果としてアナログアンプを採用したとのことだ。

内覧はオンキヨー&パイオニアのHi-Fi用試聴室で実施された


主な仕様

A-40AEは、アナログ入力端子としてRCA×4、フォノ(MM)×1、パワーアンプダイレクト×1を搭載。デジタル入力端子として同軸×2、光×2を搭載する。アナログ出力端子は1系統を搭載。スピーカー端子は2系統を備える。消費電力は110W(待機時0.1W)、外形寸法は435W×129H×323Dmm、質量は8.2kg。

A-10AEは、アナログ入力端子としてRCA×3、フォノ(MM)×1を搭載。アナログ出力端子は1系統を搭載。スピーカー端子は1系統を備える。消費電力は100W(待機時0.1W)、外形寸法は435W×129H×323Dmm、質量は6.8kg。

関連記事