オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
BNCケーブルや各種端子も

Zonotone、新導体/交換式バナナプラグ採用のスピーカーケーブル「7NSP-Shupreme X」

編集部:伊藤 麻衣
2017年10月16日
Zonotone(ゾノトーン)は、スピーカーケーブル「7NSP-Shupreme X」およびBNCケーブル「Silver Granster HD-1」、スピーカーケーブル端子「LUG-Sシリーズ」を11月上旬に発売する。

・「7NSP-Shupreme X」スピーカーケーブル
 Y/B端子付き:¥300,000(税抜・2.0mペア)、切り売り:¥43,000(1.0m・税抜)

「7NSP-Shupreme X」

・「Silver Granster HD-1(BNC)」BNCケーブル
 ¥38,000(税抜・1.0m) ※受注生産、納期は約2〜3週間

「Silver Granster HD-1(BNC)」

・「LUG-Sシリーズ」スピーカーケーブル端子
 24K純金メッキ・Yラグ:¥3,900(税抜・4本1組)
 24K純金メッキ・バナナプラグ:¥3,900(税抜・4本1組)
 24K純金メッキ・ヴィンテージプラグ:¥3,900(税抜・4本1組)
 ロジウムメッキ・Yラグ:¥5,200(税抜・4本1組)
 ロジウムメッキ・バナナプラグ:¥5,200(税抜・4本1組)
 ロジウムメッキ・ヴィンテージプラグ:¥5,200(税抜・4本1組)

「LUG-Sシリーズ」

7NSP-Shupreme Xは、同社のフラグシップスピーカーケーブル「7NSP-Shupreme 1」の後継モデルとなる新トップエンド・スピーカーケーブル。従来モデルの“異次元の感動”というコンセプトを継承しながら、さらなる音質の向上を図っている。

線材には「高純度無酸素銅・PCUHD」を採用。超高純度7NクラスCuを中心に、高純度無酸素銅・PCUHDや特殊銅合金素材、純銀コートOFC、高純度酸素銅による5種類の異種・異径線材を同社の技術でハイブリッドした新導体としている。

また、ポリエチレンの中空パイプをコアとして、その周囲にプラスマイナス各4芯からなる導体を配置するエアー制振構造、同社独自のDMHC(ディスクリート、マルチハイブリッド、ヘリカル/パラレル・コンストラクション)構造などはそのまま継承している。

本製品の標準完成品は、もう一つ特徴として、交換式のオリジナル・バナナプラグを採用している。後述するスピーカーケーブル端子LUG-Sシリーズを用いることで、ユーザー自身でバナナプラグを交換することができる。

また、7NSP-Shupreme X専用シングル加工対応スピーカーケーブル用チューブキット「STK-X」(¥3,000/税抜)も同時発売される。なお、STK-Xの発売に伴い、「7NSP-Shupreme 1」専用チューブキット「STK-1」は販売を終了する。

「STK-X」

Silver Granster HD-1(BNC)は、デジタル同軸ケーブル「Silver Granster HD-1」にBNCコネクターを採用し、ワードクロックに対応したモデル。

導体に純銀コーティングを施した「超高純度6NCu」を単線で採用。シールドは、アルミペットテープの上に軟銅線編組を重ねた2重シールド構造。シースは、RoHS対応PVCシースをシールドの外周に被せて不要な振動を抑制する2層シース構造とする。BNCプラグは、カナレ社製のものを採用している。

LUG-Sシリーズは、同社オリジナル・ユニバーサルタイプのスピーカーケーブル端子「LUG-5.5シリーズ」に対応した、先端交換用プラグ。LUG-5.5がベースとのセットであるのに対し、LUG-Sは“先端のみ”となる。前述した7NSP-Shupreme Xの交換用バナナプラグとしても使用できる。

「先が曲がってしまった」「先端が折れてしまった」「先端だけ差し替えたいのだが対応してくれないだろうか」というユーザーの声を受け、「必要なら、作ってしまう。ユーザー本位」という“ゾノトーン・イズム”から開発したとのこと。

関連記事