オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
「オーディオみじんこ荒川」プロデュースモデル

オヤイデ、低負荷容量のVM/MMカートリッジに最適化したフォノケーブル「PH-01RR」

編集部:成藤正宣
2017年10月06日
小柳出電気商会は、102 SSC導体を採用した低容量RCAフォノケーブル「PH-01RR」を10月13日に発売する。価格は10,500円(税抜)。

PH-01RR

オーディオテクニカの「VMシリーズ」、オルトフォンの「2Mシリーズ」など低負荷容量のカートリッジの特性に合わせ、静電容量を160pFとした製品。同社の開発スタッフで「オーディオみじんこ」の名で知られる荒川敬氏がプロデュースしている。

シグナルケーブルとアースケーブルを独立させ、引き回しの自由度を向上させた仕様。両ケーブルとも、導体は表面の不純物を可能な限り取り除いた同社オリジナルの「102 SSC」を採用する。

接続イメージ

シグナルケーブルは中心導体とシールドの距離を調整して低容量化した1芯シールド構造。絶縁体は機械強度に優れたXLPEを採用し、その上から102 SSCを横巻きにしたシールド、Pb Free PVCシースで包んでいる。24KメッキコンタクトのRCAプラグは、同社の音響用はんだ「SS-47」で接合される。

シグナルケーブル

アースケーブルは太めの1.25sqとし、両端に無酸素銅製の24KメッキYラグを装着する。アース端子を持たないフォノアンプ内蔵プレーヤーなどに接続する場合は、アースケーブル無しでも使用可能だ。

アースケーブル

ケーブル長はシグナルケーブルが1.0m、アースケーブル1.1m。線径はシグナルケーブルが6mm、アースケーブルが2.4mm。

関連記事