オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
年度内の生産・受注開始を目指す

ソニーミュージック、アナログレコード本格生産へ。ソニーDADCジャパンにプレス機導入

編集部:小野佳希
2017年06月29日
ソニー・ミュージックエンタテインメントは、同社のディスク製造工場であるソニーDADCジャパンにおいて、アナログレコード用のプレス機を導入し、2017年度中の生産および製造受注の開始を目指すことを発表した。

アナログレコード用プレス機全景

ソニー・ミュージックグループでは、今年2月にソニー・ミュージックスタジオへアナログレコード製造用マスターのラッカー盤カッティングマシンを導入。アナログレコード用カッティングマスターの制作を開始しているが(関連ニュース)、より本格的にアナログレコードの生産へ乗り出す。

アナログレコードの成型・外周トリミング

今後は、ソニーミュージックグループ内に、カッティングマスター制作からプレス製造におよぶ一連のアナログレコードの生産体制を整え、「高品質・短納期・低コストを実現することによって、国内でも人気が高まりつつあるアナログレコードの生産需要に対応し、アナログレコードおよび音楽パッケージ市場の拡大に貢献していく」としている。

関連記事